高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 享栄高校vs新湊高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 享栄高校vs新湊高校|白球の足あと

享栄高校vs新湊高校

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

前評判通りに試合が運ぶとは限らない。

大会ナンバー1左腕という注目の投手に対抗

すべく、雪国のエースは巧みなピッチングを

繰り広げた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

プロ注目のサウスポー

野球王国の愛知県から名門高校の享栄高校が出陣してきた。

3年ぶりとなる享栄にとって全国制覇という悲願のチャンスはこれまでもあった。

藤王康晴(後に中日ドラゴンズ)を擁した3学年前のセンバツ大会、安田秀之(南海ホークス)を擁した2学年前の選手権大会と、プロに進んだバッターを中心に攻撃力に長けたチームで甲子園に挑んだが、いずれも投手力と守備力の脆さから敗れた。

激戦区の愛知県を猛打で突破できたとしても、全国ではそう簡単には事は運ばない。

それだけに今大会のエース近藤真一(後に中日ドラゴンズ)の存在は享栄高校にとって大きい。

防御率1.49奪であり、三振率は大会ナンバー1。

近藤の豪快なストレートに大注目である。

のびのび野球で下剋上

雪の大きい富山県代表にとって、センバツ大会は北国の代表と同じく準備期間が長い。

それだけに本大会での上位進出は勿論のこと、センバツ代表切符さえも容易では無い。

新湊高校も富山県予選をスレスレの第3代表として北信越大会に挑んだ。

ある意味胸を借りるような立場であった新湊であったが、北信越大会に入ると持ち味を遺憾無く発揮した。

その持ち味とはエース酒井の丹念に低めをついて打たせて取る辛抱のピッチングと、鍛えに鍛えた固い守備力である。

どうにか失点を3点以内に抑え、少ないチャンスで足を絡めた小技で得点を狙うパターンである。

その新湊野球がピタリと填まり、新潟の巻高校に3―0、福井の足羽高校に3―2、長野中央に3―2、と競り合いを物にした。

決勝では松商学園に2―3で惜敗したものの、文句なしのセンバツ切符であった。

決して豪腕では無い酒井投手であるが、防御率1.46は伊達では無い。

下馬評を覆す先取点

雨の中で始まったこの試合であったが、初回はともに3人で攻撃が終わった。

3割4分のチーム打率を誇る享栄打線に対して酒井投手は飄々と2回も三者凡退に切り上げた。

2回裏、新湊は近藤投手に連続三振を奪われてツーアウト。

しかし快速球を持ってしても、ここで制球が定まらずにフォアボールを与えてしまう。

続く打席にはピッチャーの酒井。

酒井は近藤のストレートを救い上げると、打球は高々と舞い上がって右中間の深くを破るタイムリースリーベースとなった。

前評判の戦力から、享栄絶対有利と見られた試合は新湊が先取点を上げた。

自らのバットで大会屈指のサウスポーから得点を奪った酒井は水を得た魚になる。

激流を飲み込む清流

酒井投手の前に序盤ノーヒットの享栄は4回表、トップの鋤柄の打球をサードがエラーして初の出塁を果たす。

続く今枝の送りバントもエラーを呼んでノーアウトランナー1、2塁のチャンス。

しかし3番喜多は酒井のカーブに泳いでダブルプレーに取られると、4番近藤は三振に斬られてチャンスを潰した。

享栄は5回表にもフォアボールのランナーを出すが強攻に失敗、またしてもダブルプレーに倒れてしまう。

一方の近藤も2回以降は新湊打席にはを寄せ付けない評判通りの快速球で、毎回奪三振を繰り広げた。

7回表、享栄はこの回先頭の今枝がエラーで出塁。

しかし焦りからか、盗塁を試みた今枝はセカンドベース手前で刺された。

続く3番喜多がチーム初のヒットを放っただけに、非常に歯痒い攻めとなってしまった。

近藤投手が素晴らしいストレートで新湊に追加点を与えない。

しかしそれ以上に酒井投手は享栄の強力打線に的を絞らせず、凡打の山を築いていった。

最終回、2つのフォアボールからツーアウトランナー1、2塁のチャンスを作った享栄であったが、酒井投手の気迫にラストバッターの打球はセカンド長谷川のグラブに吸い込まれた。

試合は1―0で新湊高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

番狂わせと言われれば、それまでかも知れません。

しかし、勝因は新湊が新湊の野球を臆せずにプレーしたことに尽きます。

近藤投手、12奪三振は流石でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ