高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 智弁学園高校vs函館有斗高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 智弁学園高校vs函館有斗高校|白球の足あと

智弁学園高校vs函館有斗高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

前日に新湊高校が格上と見られた享栄高校に雪国旋風を見せた。

この試合も智弁学園有利の声の中、函館有斗が北国旋風を見せた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

優勝も狙えるダークホース

前年度の夏の選手権大会において、1回戦で接戦の末に敗れた智弁学園ナイン。

しかし先発した1年生ピッチャー辻本弘樹(後に中日ドラゴンズ)を中心とした若いチームに高い潜在能力を見せてくれた。

新チームは速球投手の辻本をレフトに配置し、安定感を増した吉村をエースとした。

この二枚看板がチームのバックボーンとなり、中距離ヒッターの多い打線は得点力を上げていった。

同じ奈良県には強力な戦力を誇る天理高校が存在するが、奈良県予選決勝で智弁学園は4―3で勝利し、第1代表として近畿大会へ進んでいる。

結果的に近畿大会を優勝した天理高校の方が前評判は高いが、智弁学園の実力に曇りは無い。

プレッシャーが減った分、ダークホース色が濃くなり楽しみである。

2年分の思いを胸に

2学年前の北海道大会で頂点に立ち、甲子園大会の切符を手中にしたはずだった函館有斗高校。

しかし不祥事によりその切符は暗い谷底に落ちてしまった。

そして昨年夏に北海道予選を勝ち抜き、ようやく夏の甲子園大会に乗り込んだチームであったが全国大会の雰囲気に飲み込まれて1回戦で大敗を喫した。

当時の選手たちはいつの間にか試合が終わった、と口を揃えた。

近いようで遠い幻のような甲子園、という名状であった。

だが、新チームの選手たちは甲子園で勝てるチーム作りに努めた。

北海道内でトップレベルの泉投手の旭川実業に4―2と競り勝つと、ビグマ打線こと駒大岩見沢に10―8と打ち勝つ。

すると名門の北海にも3―0と快勝した。

チームバランスは上々である。

1年生ながら前年に甲子園の土を踏んでいる中村、盛田幸妃(後に大洋ホエールズ)という経験も大きい。

北国のハンディをものともせず、甲子園で躍動したい。

それぞれの持ち味

1回の表、智弁学園に対して函館有斗エース西沢のシュートが冴え渡り三者とも詰まって内野ゴロに倒れた。

その裏、函館有斗の先頭は1年生からレギュラーの中村。

しかし智弁学園の先発、辻本の速球に空振り三振に仕留められる。

このあとも辻本はキッチリと立ち上がりを無難に抑えた。

2回表、智弁学園はワンアウトから5番松場が左中間に両チーム通じて初ヒットとなるツーベースヒットを放つ。

しかし西沢投手の重いストレートとシュートのコンビネーションが後続をいずれも1塁ゴロに仕留めた。

3回表、智弁はフォアボールとエラーからツーアウトランナー1、3塁とチャンス。

しかし慌てず騒がず西沢は3番小西を三振に斬って見せた。

辻本投手も前評判通りの速球で4回をノーヒットに抑えた。

北海道に一足早い春

5回表にもエラーからピンチを招いた函館有斗であったが、ホームは許さない。

5回裏、函館有斗はワンアウトから5番福島がセンターの横を抜いていくスリーベースヒット。

続く山形にタイムリーヒットが飛び出して函館有斗が先取点をあげた。

6回裏には辻本投手のギアが上がり、三者三振に斬られた函館有斗ナイン。

しかしエース西沢が変わらぬ安定感で智弁打線をから凡打の山を築いていく。

8回表、なかなかヒットの出ない智弁学園はこの回先頭の8番堺がデッドボール。

9番窪西が送りバントを決めてワンアウトランナー2塁とチャンスを作るものの、またしても西沢のシュートを打てずに後続は内野ゴロに倒れた。

8回裏、函館有斗は山形がセンター前ヒットで出塁。

送りバントと力んだ辻本の暴投でランナー3塁となったあと、ピッチャー西沢の犠牲フライで待望の追加点を奪った。

試合はこのまま2―0で函館有斗高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

1年生の時から活躍している辻本投手の速球は、桑田真澄(後に読売ジャイアンツ)を彷彿させるために桑田二世と呼ばれます。

しかし前年度からなかなか勝利までたどり着けません。

西沢投手の粘りが勝りました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ