高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 甲府商業高校vs京都西高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 甲府商業高校vs京都西高校|白球の足あと

甲府商業高校vs京都西高校

1986年 春のセンバツ大会1回戦 

試合中にチャンスを何度作れるのか。

1発勝負の甲子園大会において、チャンスの作り方と同様に

注目なのはチャンスを潰した後のモチベーション。

特に初回の攻防に目が離せれない。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

投打のバランスでライバル撃破

山梨県内と言えば、毎年のように全国屈指の強力打線を引っ提げる東海大甲府が中心となっている。

前年夏の選手権大会において、甲子園ベスト4という最高成績を上げたことは県内でより東海大甲府時代の幕開けを予想するものであった。

しかし秋の新チーム段階でその予想を覆すチームが現れた。

それがこの甲府商業である。

6ホーマー5割バッターの青柳を中心とする3割3分打線に防御率1.91のエース浅川で東海大甲府に7―3と完勝すると、一気に山梨大会の頂点に立った。

山梨県第1代表として挑んだ関東大会でも桐蔭学園を5―2で破り、ベスト4進出を果たして山梨県から唯一の選抜出場を決めた。

チームの要は新2年生

防御率がそれぞれ1.98のエース佐々木、1.37の2番手ピッチャー夜久、1.55の3番手ピッチャー餅原と3人の投手が全員防御率1点台という安定感を誇る京都西高校。

しかも3人とも春が来て新2年生というのだから驚きである。

しかも球を受けるキャッチャー山本も新2年生なのだから、試合を作るのは若いメンバーが中心となる京都西だ。

それでも京都府内では敵は無しという強さで、京都府内で敗れたのは花園高校との練習試合の1敗のみ。

再戦では勝っているため、ほぼ無敵状態という強さである。

京都第2代表である綾部高校には3戦して12―1、11―3、6―2と完勝しているのがその無敵状態の証左であろう。

近畿大会でも兵庫代表の三田学園に11―0と大勝してベスト8進出を果たした。

準々決勝ではPL学園に完敗したものの、若いメンバーの潜在能力を買われてセンバツ切符を手中に納めた。

初回の明暗

1回の表、甲府商業はトップの青柳がいきなりツーベースヒットで出塁。

続く2番赤池がフォアボールで歩くと、3番深山の送りバントが決まり、ワンアウトランナー2、3塁とチャンス。

ここで4番岩淵が強攻に出るも三振に倒れてしまう。

続く浅川がフォアボールで歩き、ツーアウト満塁となるが6番渡辺も三振に倒れてしまい、無得点に終わった。

その裏、京都西はトップの田村がセンター前ヒット。

続く2番夜久もセンター前ヒットを打つと3番山本がフォアボールで歩き、ノーアウト満塁のチャンス。

ここで4番上羽がきっちりライト前に2点タイムリーヒットを放ち、先制のホームを踏んだ。

このあとツーアウトになるが、餅原にもタイムリーヒットが飛び出してこの回一挙4点を奪った。

終始、ペースは変わらず

2回裏にも山本のタイムリーで1点を追加した京都西は、エース佐々木の落ち着いたピッチングもあって4回まで5―0とリードした。

甲府商業は5回表、ツーアウトからトップの青柳がこの試合3本目のヒット。

すると青柳は2盗、3盗と俊足を見せる。

2番赤池がフォアボールで歩き、ランナー1、3塁となると二人はダブルスチールを成功させて青柳は本盗を決め、1点を返した。

これで大会記録となる1イニング3盗塁を成功した。

しかし京都西はその裏、空かさず井上のタイムリーで1点を追加すると、ペースは再び京都西へ。

6回裏にトップの田村にタイムリーが出て2点を追加する。

8回裏には夜久、山本が連続ツーベースを放つなど3点を追加してダメ押しとした。

試合はこのまま京都西高校が11―1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

まさに初回の攻防に悲喜劇が起きて、そのあとのゲーム展開を左右しました。

その中で敗れた甲府商業の青柳選手は光りましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ