高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

前年に超高校級のメンバーで見事に優勝したPL学園。

新チームになっても若いメンバーが甲子園切符を手にした。

しかも前年センバツ1回戦と同じ浜松商業との組み合わせは

注目となる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

前年のリベンジへ

2学年前の夏の選手権大会において智弁学園に0―7と大差を付けられがら、大逆転勝利をおさめた。

その奇跡の勝利で浜松商業の名前はさらに広まり、前年センバツに2季連続出場したことによって静岡県内では浜松商業時代の幕開けとなるかと思われた。

しかし前年センバツの1回戦で超高校級のPL学園に1―11と惨敗してしまう。

夏の選手権予選に向けて立て直しを図ったチームであったが、準々決勝で涙を飲んだ。

秋に入り、また本当の意味で0からのスタートになった浜松商業であったが、上村監督の予想を越える仕上がりを見せ、東海大会でベスト4進出を果たした。

新生浜松商業が、前年度のリベンジを果たすべく、PLに挑む。

後継者たちの春

前年度まであのKKコンビを中心に暴れまわったモンスター軍団のPL学園。

プロ野球に5人がスカウトされる超高校野球チームであった。

新チームになり、前年のベンチ入りを果たしていたのは今岡のみ。

ガラリとメンバーが変わり、まさしく新生PL学園となる。

前年度のメンバーと比較するのは酷と言うものであるが、元々センス抜群の素材が集まるチームなので一戦一戦、戦う度に力を付けてきた。

前年決勝で2安打した今岡に、2年生ながら5割1分という高い打率を誇る立浪和義(後に中日ドラゴンズ)、1発長打のある山野、松田のクリーンアップなど攻撃力には定評がある。

やや投手力に不安があるが、エース月城を支える深瀬、野村の2枚の控えが心強い。

試合数よりホームラン数の方が多く、やはり不気味な存在感となるだろう。

近畿大会で天理に敗れたとは言っても、強豪ひしめく大阪府大会では優勝している。

新しいPLに注目であろう。

リベンジへの温床

人気のPL学園が登場となり、観衆は58000人が詰めかけた。

1年前と同じ1回戦で浜松商業とPL学園という同じ組み合わせ。

初回は共に三者凡退に終わり、静かな開戦となった。

2回表、浜松商業は先頭の飯田がフォアボールで歩くと、続く5番大庭が左中間に先制のタイムリーツーベースヒット。

続く宮田もタイムリーヒットを放ち、浜松商業が2点を奪った。

3回表、浜松商業は寺田のライト前ヒットを犠打で進めた後にPL内野陣のミスからチャンス。

ここで4番飯田がレフトにタイムリーヒットを放ち、2点を追加した。

浜松商業エース大庭は落ち着いたピッチングで3回までパーフェクトピッチングを見せ、完全に浜松ペースに持って行く。

完勝でリベンジ

6回裏、PLはツーアウトランナー2塁から4番松田のセンター前ヒットがタイムリーとなり、ようやく1点を奪った。

しかし今日のPLはピリッとしない。

4回にはランナーが牽制で刺されたり、3回、7回とエラーが出てピンチを広げてしまった。

相手の嫌がることが本当に上手いのが伝統であり、強さであるPLらしさが中々発揮出来ない。

そうしているうちに8回表、浜松商業は寺田がスリーベースヒットで出塁。

続く2番小出がライトへ犠牲フライを放ち、久々の追加点。

ワンアウト後、3番中山がスリーベースヒットを放つと4番飯田がタイムリーヒット。

5番大庭がデッドボールの後にまたしてもPL内野陣にエラーが出てしまい、この回一気に4点が浜松商業に追加された。

試合はこのまま浜松商業が8―1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

浜松商業とすれば1年前と同じ日にリベンジしたことが本当に自信になったことでしょう。

PL学園は20年ぶりとなる初戦敗退となりましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ