高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

またしても優勝候補同士による1回戦屈指の好カード。

東京大会を制した帝京高校も、四国大会を制した高知高校も

注目のチームゆえに観衆は5万8000人の超満員となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

東京チャンピオン登場

前年センバツ大会でエース小林昭則(後にロッテオリオンズ)を擁し、準優勝を果たした帝京高校。

この新チームには甲子園出場にもう1つ意味があった。

前年度センバツ準優勝チームが夏の選手権予選の決勝で関東一高校に敗れた。

そしてその関東一が甲子園でベスト8進出を果たした事が、帝京にとって政権崩壊の予感さえさせる出来事であった。

新チームになっても帝京、関東一ともにまた素晴らしいチームを作った。

そして互いに東京大会を勝ち抜き、決勝で激突した。

激戦の末に帝京が勝利したものの、このセンバツも同じ東東京地区の関東一が一緒に出場する。

甲子園大会での成績次第ではどちらに政権が移るか、浮き彫りになるかも知れない。

四国チャンピオン登場

野球どころ四国において、特に高知県のレベルは凄まじく高い。

3学年前からの高知代表の甲子園春夏の成績を上げてみてもベスト4、ベスト8、ベスト8、ベスト16、優勝、ベスト8と素晴らしい以外に言葉が見つからない。

この新チームの高知高校もまた、ハイレベルの1高校である。

注目のエース和田は激戦区高知において、防御率1.25という抜群の安定感を誇る。

そして3割バッターが7人もズラリと並ぶ打線は驚異の一言。

また、前年に引き続いてこの年代も高知県内には全国レベルのピッチャーが多数存在していた。

高知宇佐分校の野村貴仁(後にオリックスブルーウェーブ)、高知商業の岡林洋一(後にヤクルトスワローズ)、明徳義塾の水尾嘉孝(後に大洋ホエールズ)などに快勝して優勝したことが高い評価に繋がっている。

四国大会でも優勝したことで、センバツ大会でも優勝候補の1校に上げられている。

観衆は5万8000人の超満員

前の試合で地元のPL学園が登場となり、満員の大観衆であったが好カードとなってさらに超満員となった。

初回は共に無得点に終わったが、高知高校ナインの溢れる白い歯に、のびのびした印象をもたらせた。

2回裏、高知はワンアウトから6番山本がライト前ヒット。

これをライトを守る知念がトンネルした間にランナーは2塁へ。

すると続く7番ピッチャー和田自らレフトにエンタイトルツーベースを放ち、先取点をもたらせた。

続く河野もレフト前にヒットを放ち、高知はさい先よく2点目を追加した。

気迫の投球でシャットアウト

実は先ほど自らタイムリーヒットを放った和田であったが、牽制された際に右手薬指を突き指していた。

しかし突き指も何のその、マウンドにそのまま立ち続けた。

3回表、帝京は8番平山がチーム初ヒットとなるツーベースヒット。

しかし和田が巧い牽制でアウトにする。

利き手が突き指したからか、制球に苦しむ和田は4回表にフォアボールを2つ与えてピンチを招く。

しかしここぞの場面で気迫がそれを上回り、無得点に抑えていく。

5回表、6回表にもヒットを許すが、盗塁をキャッチャー大坪が矢のような送球でアウトにして相手の芽を潰して行く。

帝京エース平山も3回以降は落ち着いたマウンド捌きを見せてゼロ行進が続く。

2点差であればワンチャンスで試合は縺れるゆえ、緊迫に包まれる甲子園球場であった。

しかし8回裏、高知はヒットの大坪を置いて6番山本がレフト線にタイムリーツーベースを放ち、ダメ押しの3点目を追加した。

試合はこのまま3―0で高知高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

和田投手、負傷にめげず帝京打線を6安打完封とは見事の一言です。

しかしこの大会は有力チームが序盤にぶつかりますね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ