高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会2回戦 

ともに1回戦を快勝した実力高校。

初回から互いに毎回安打を放つも、点数に結び付かず。

その展開で先取点を奪った上宮に勝機が向かい始めた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

試合巧者の上宮

さす野球王国の大阪代表といったところであろうか。

激戦区大阪府を勝ち抜いた上宮高校はPL学園を差し置いて準優勝という好成績を近畿大会で残した。

センバツ甲子園大会でもやはり大阪府代表ということで有力チームと見られていた。

しかし組み合わせの結果、相手は有力チームの沖縄水産高校との対決となり緊張感が走った。

沖縄水産には快速球ピッチャー上原晃(後に中日ドラゴンズ)がいて、やや沖縄水産有利の声が多かった。

試合はやはり上原投手の快速球に手こずり、10三振を奪われ6安打に抑えられた。

エース山元もヒット9本打たれた。

しかし試合は上宮高校が3―1で勝った。

それは上宮が試合巧者という証左であろう。

強い経験者たち

1年生中心の若いチームで秋を戦い抜き、前年のセンバツ大会出場を果たした松商学園。

その前年度のメンバーが8人も残っている新チームは、長野県内で別格の存在感を放っていた。

前年度でもセンバツで1回戦を突破し、経験値は高まった。

それを存分に力として挑んだ長野県予選、北信越大会を安定した戦いぶりで優勝した。

全国的に比較すると、やや強豪の少ない北信越地方であるが、松商学園は神宮大会をも優勝し、実力に確固たるものを見つけた。

甲子園大会に入り、1回戦は東北チャンピオンの東海大山形との雪国対決となった。

前年の夏の甲子園メンバーが残る東海大山形であったが、力の差は歴然であり、7―1と圧勝した。

エース直江は東海大山形打線8個の三振を奪い、被安打5失点1という完璧に近いピッチング。

打線は10安打を放ち7得点と効率の良い攻撃を見せた。

また、4番の武田がホームランを放つなど内容も申し分なかった。

均衡を破ったのは巧者

1回の表、上宮はトップの山本がいきなりセンター前ヒット。

しかし直江投手は牽制球でランナーをアウトにし、ピンチを防いだ。

その裏、松商学園もトップの竹内がいきなりヒットを放つ。

2番谷口が送りバントを決めてランナー2塁とするも、後続が続かずに無得点に終わった。

2回表、上宮はツーアウトから岡部、鈴木が連打を放ち、ランナー1、2塁とする。

しかし直江が踏ん張り、後続を抑えた。

その裏、松商学園は藤井がヒットを放つも、盗塁を失敗してチャンスは作れなかった。

3回表、上宮はエラーとフォアボールで掴んだチャンスで4番浜田が素晴らしい当たりのセンター前ヒットを放ち、これがタイムリーヒットとなって上宮が先制のホームを踏んだ。

試合巧者は終始強し

先取点を上げ、波を引き寄せた上宮は5回表、トップの山本がセンターを越えるスリーベースヒット。

2番清水フォアボールの後、3番森本がライトへタイムリーヒットを放ち2点目。

このあと峰地のヒットでさらにチャンスとなった。

すると代打の荘埜がレフトに犠牲フライを放ち、この回3点目を追加した。

こうなると完全に上宮高校ペース。

4回まで毎回安打を放っていた松商学園打線も焦りから力みが目立ち始める。

それを上手く逆手に取り、山元投手は打ち気を剃らしていく。

5回、6回、7回は三者凡退で三振を4つ奪うピッチングを見せた。

上宮は7回表にも浜田、峰地の連打から2点を追加し、松商学園を突き放した。

試合はこのまま上宮高校が6―0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

沖縄水産の上原投手の快速球を攻略しただけあり、上宮高校はさすがの試合巧者ぶりでしたね。

エース山元投手は2時間で失点1と、素晴らしい制球力です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ