高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会2回戦 

強豪の享栄高校から大金星をあげた新湊高校。

次の相手も優勝候補の一角である強豪の拓大紅陵となった。

序盤から劣勢となった新湊であったが、この試合も大いに

楽しませてくれる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

栄冠を狙える戦力

2学年前に初出場ながらベスト8進出を果たし、全国的にも知名度を高めた拓大紅陵高校。

この年はさらに投打のレベルが高い、優勝候補としてのセンバツ大会となった。

関東大会を圧巻の強さで優勝した拓大紅陵は、東のポストPL学園と呼ばれるほどの前評判であった。

1回戦の相手はレベルの高い近畿地区代表の洲本高校とあって、拓大紅陵の良い試金石となった。

エース木村は立ち上がり三者三振のスタートを切ると、4回までノーヒットピッチング。

打線は2回に先制すると8回には小技大技で6得点を奪った。

木村投手は最後まで安定感抜群の制球力を見せて洲本打線を4安打シャットアウト。

飯田哲也(後にヤクルトスワローズ)の1発も飛び出した攻撃は12安打8得点と抜け目は無かった。

無欲の大金星

この大会でナンバー1サウスポーと呼び声高かった近藤真一(後に中日ドラゴンズ)率いる享栄高校。

新湊高校との対戦が決まったとき、どちらが勝つかと言うより享栄の近藤投手がどのように勝つかと大多数の人は思ったに違いない。

それほどの予想を裏付けする戦力が享栄には間違いなくあった。

しかしそんな高校野球ファンを尻目に、新湊ナインは無欲無心で白球を追いかけた。

試合はエース酒井自らが近藤から先制タイムリーを放ち、面白い展開を演出した。

雨のなか、近藤投手の快速球がうなり、三振の山を築いていく。

しかし1点ビハインドの享栄打線も焦りからか、酒井投手の巧みなコーナーワークに嵌まり凡打の山。

あれよあれよの間に試合は最終回を迎え、享栄高校は雨に沈んだ。

12三振を奪われても、3安打に抑えられても、勝ったのは新湊。

酒井投手の2安打完封と言うよりも、新湊の無欲の勝利であった。

さすが東の横綱

1回の表からワンアウトランナー2塁とチャンスを作る拓大紅陵に、享栄とはまた一味違う強さを感じた新湊ナインであった。

しかし1回、2回とピンチを凌いだ。

2回裏、新湊は4番塩谷がレフト前ヒットを放ち、新湊応援団は盛り上がる。

しかし木村投手の前に後続が三者三振に斬られた。

4回表、拓大は飯田がフォアボールと盗塁でチャンスを作ると、6番網野がレフト前にタイムリーヒット。

続く谷田部のヒットでさらにチャンスを広げると木村がスクイズを決める。

さらに新湊内野陣のエラーにより、この回3点を奪った。

拓大は6回表に9番小枝のタイムリーツーベースで4点目を奪い、完全にペースを握った。

横綱をも飲み込む

完全に主導権を握られた、かに見えた。

しかし甲子園の魔物が現れたのか、新湊は6回裏に仲谷のヒットで反撃の狼煙をあげる。

続くトップの岩坪の送りバントがヒットになると2番長谷川がヒットで続きノーアウト満塁のチャンス。

すると3番川田がセンター前に2点タイムリーヒットを放つ。

大応援団の大声援も重なり、押せ押せムードの新湊。

飲まれたか木村投手は連続フォアボールを与えてしまい、押し出しの3点目を与えてしまう。

ここで享栄撃破の立役者、エース酒井が逆転のタイムリーツーベースを放ち、試合はひっくり返った。

このあと仲谷にもタイムリーが生まれ、一挙6点を奪った。

7回裏にも新湊は川田、塩谷、石井の3連打で7点目を追加し、完全に主導権を奪った。

試合はこのまま終わり、新湊高校が7―4で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

6回表に拓大紅陵が追加し、誰もがダメ押しと思ったはずです。

6回裏から急展開した試合はあっという間に新湊の勝利で幕を閉じました。

呆気に取られる試合でしたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ