高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会2回戦

初出場の勢いが四国チャンピオンをも飲み込めるだろうか。

1回戦でサヨナラ勝ちをおさめた新鋭高校が優勝候補に挑む。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

優勝を見据えた高知高校

四国チャンピオンとして甲子園に乗り込んできた高知高校。

この大会では拓大紅陵高校、天理高校、尾道商業と共に優勝候補に上げられている。

そんな注目の高知高校の初戦の相手は、強豪である帝京高校であった。

1回戦でも指折りの好カードとあり、観衆は5万8000人という超満員となっていた。

互いに攻撃力には定評のあるチームのため、投手の状態に視線が集まった。

しかし高知高校のエース和田が序盤ランナーとして帰塁した際に手首を負傷してしまう。

それでもベンチに下がることの無かったエースに応えるべく、チームは先制点を奪った。

応急措置を終えた和田投手はその後開き直ったかのように帝京打線を手玉にとった。

強豪対決を制した高知ナインは頂点を目指す。

勢い付くサヨナラ勝利

優勝候補に待ったをかけるとすれば、新鋭高校の勢いというジャイアントキリングが最も恐ろしいかも知れない。

84年のセンバツは岩倉高校が、翌年85年のセンバツは伊野商業高校がそれぞれ初優勝を成し遂げているが、その2高校の初出場初優勝という快挙はいずれも1回戦での勝利を自信に変えたものであった。

宇都宮南高校は関東予選でベスト4入りを果たしたとは言え、拓大紅陵にコールド負け。

若い新鋭の力に期待を込められての選出となった。

しかしどうだろう、甲子園では堂々の試合ぶりを発揮する。

和歌山の代表である御坊商工との初戦は、初回から先制点を奪うほど球場狭しと駆け巡った。

2年生エース高村祐(後に近鉄バッファローズ)も小気味良いテンポで凡打の山を築いていく。

しかし終盤に御坊商工の粘りが炸裂。

あとアウト1つの勝利目前で同点アーチを許した。

だが落ち込むところか、勢いそのまま宇都宮南はその裏にサヨナラタイムリーヒットを放ち、喜びを爆発させた。

張りつめた緊張

1回戦の立ち上がり同様に、いやそれ以上に高村投手は素晴らしいピッチングを見せる。

一方、高知高校の先発は負傷した和田投手に大事をとり、酒井投手がマウンドに上がった。

酒井投手はランナーを出すものの、堅いバックに守られながら徐々にギアを上げていく。

強力な高知打線に対し、高村投手はヒットを許さない。

しかし5回の表、高村投手が乱れて連続で四死球を与える。

高知は続く8番松島が送りバントをするが、処理に慌てた高村投手がエラーをしてノーアウト満塁。

ここで9番酒井投手がレフトへ犠牲フライを放ち、自ら先取点を演出した。

勢いは激流を飲んだ

ノーヒットで1点を先制した高知に対して宇都宮南はその裏、8番ピッチャー高村が酒井投手のストレートを捉える。

打球はレフトスタンドに飛び込む同点ホームランとなり、負けじと自らの得点に喜ぶ高村であった。

7回表、高知高校は先頭の河野がレフト前ヒットを放ち、ノーアウトのランナー。

しかし続く松島がダブルプレーに倒れてチャンスは消えた。

7回裏、宇都宮南はフォアボールとエラーでワンアウト満塁のチャンス。

しかし酒井投手が踏ん張り、勝ち越し点を与えない。

9回表、高知はヒットの橋本を送ってワンアウトランナー2塁のチャンス。

続く6番大坪がライト前ヒットを放ち、2塁ランナー橋本がホームを狙うも転倒。

ランナー二人ともアウトとなってしまった。

試合は延長戦へと突入すると10回裏、宇都宮南のバッターは3番篠原。

篠原のジャストミートした打球はレフトラッキーゾーンに飛び込む劇的なサヨナラホームランとなり、試合は2―1で宇都宮南高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

2試合連続のサヨナラ勝ちをおさめた宇都宮南高校。

勢いがつかないわけありませんね。

次の準々決勝が楽しみです。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ