高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 大社高校vs峡南高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 大社高校vs峡南高校|白球の足あと

1983年 第55回春のセンバツ大会1回戦 大社高校vs峡南高校

大会第4日目の第1試合は、島根県大会を無類の強さで勝ち上がり、

中国大会でもベスト4の成績をおさめた大社高校と、関東大会でベ

スト4入りした峡南高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

守備力対決

大会第4日目の第1試合は、島根県大会を無類の強さで勝ち上がり、中国大会でもベスト4の成績をおさめた大社高校。

一方、山梨大会で強豪の東海大甲府を破り、その勢いのままに県大会を制して関東大会でベスト4入りした峡南高校の対戦となった。

共に生命線は守備力であったが、タイプが正反対の両エースに注目が集まった。

大社高校エース森井はコントロールがよく、打ち気を上手く利用して凡打の山を築く軟投派。

その森井も安定した守備力をもつバックを信頼出来るからこそ打たせる事が出来るのである。

対する峡南高校エース伊藤はMAX140キロのストレートを武器に、四番でキャプテンとまさに1人三役をこなす峡南高校を牽引する存在である。

しかし、ただのワンマンチームで終わらない理由は伊藤を支える格好にもなった関東大会で披露した高い守備力である。

関東大会で優勝した桐蔭学園戦も1ー2と負けたが見劣りはしなかった。

このように守備力に絶対の自信を持った同士の対戦の場合、先取点が試合の流れを左右するのは自明であるために、いかにチャンスをものに出来るかが焦点となった。

ゼロの行進

1回の表の大社高校の攻撃、トップの坂本は伊藤の伸びのある速球に詰まってショートフライ。

2番眞野が三振に取られてツーアウトから3番石飛が内野安打で出塁するも、伊藤の巧みな牽制球により結局三者凡退になる。

1回の裏の峡南高校の攻撃はワンアウトから2番の利川がレフトへツーベースヒットを放つものの、利川が盗塁に失敗してチャンスを潰す。

2回の表の伊藤のピッチングは圧巻で、4番須藤、5番森井、6番春木を三者三振に切ってみせた。

2回の裏の峡南は先頭の遠藤がヒットで出塁した後、バントで1死2塁のチャンスを作るも後続が凡退。

4回裏にも峡南はこの回先頭の2番利川がレフト前ヒット、三番加賀美がショートへ内野安打を放ちノーアウト1、2塁のチャンスを作る。

だが4番伊藤がセカンドゴロに倒れると、5番樋口はキャッチャーフライ、続く二宮もセンターフライに打ち取られて無得点に終わる。

5回の裏にも峡南は、望月のレフト前ヒットから2死2塁とするも有野がピッチャーゴロに倒れてしまう。

毎回のようにスコアリングポジションにランナーを進めては後が続かない峡南は6回裏、この日3本目のヒットで出塁した利川を犠打で進めて1死2塁。

ここで打席にはエースで4番キャプテンの伊藤。

満を持して打った伊藤の打球はショートライナーとなり、当たりが良すぎて二塁ランナーは戻れずにダブルプレー。

やはり遠いホームベースとなった。

ここで自らの先制のタイムリーが出ていれば、大社高校打線を内野安打1本に抑えている伊藤なだけに、試合の流れを完全に峡南ペースに持ち込むチャンスを逃した格好となった。

それでも明らかに押しているのは峡南で7回裏にも大チャンスを作る。

ワンアウト後、6番二宮がセンター前ヒットで出塁すると続く遠藤もレフト前ヒットで一死一、二塁。

8番望月の当たりは打ち取られたかに見えたが、サードの長岡が焦ってエラーしてしまい、ワンアウト満塁の絶好のチャンスとなる。

九番の橘田としては5回に送りバントを決めていたが、ここでのスクイズは同じ犠打としても勝手が違った。

大社エース森井に見破られ、3塁ランナー二宮は挟殺となり、またしても点が入らなかった。

試合を決めた一振り

試合は0vs0のまま9回の表、大社の攻撃。

峡南の伊藤に初回の内野安打以降、パーフェクトに抑えられていた大社打線であったが、この回の先頭7番勝部が久しぶりのヒットを放つとこの打球をライトの樋口がエラーしてしまい、ノーアウトでランナー2塁と初めてのチャンスを作る。

続く8番佐藤が犠打を決めてワンアウト3塁と絶好のチャンスを作るが、伊藤の巧みな牽制球によりランナー勝部は憤死。

お互いに1点が遠い試合と再認識した矢先、ツーアウトから長岡がショートへの内野安打で出塁すると、内角に的を絞った1番坂本が内角高めの直球をフルスイング。

高々と上がった白球は左中間スタンドに消え、大社高校4本目のヒットはツーランホームランとなった。

これには試合を押していた峡南もお手上げで、その裏は三者凡退となり試合終了。

大社が2vs0で大社高校が勝った。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

押され気味のチームがなんとか辛抱し、ワンチャンスをものにして勝つ。

これもThe高校野球と言えますね。

峡南の伊藤が打たれてしまえば仕方無い、というようなチームワークもまた観ていて気持ち良かったです!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ