高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校

   

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校

池田高校vs宇都宮南高校

1986年 第58回春の選抜甲子園大会決勝 

いよいよ決勝戦となった。

超の付く人気高校の池田高校が決勝に勝ち上がり、

盛り上がりに拍車をかけた。

対するは初出場ながら嵐のように駆け抜けてきた

宇都宮南。

果たして優勝の行方は?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

逞しく勝ち残った池田

優勝候補と騒がれたチームが倒れていく中、勝ち上がって来たのは池田高校と宇都宮南高校。

夏春連覇の偉業達成当時に比べるとこの新チームは小粒と言われた池田であった。

しかし畠山準(後に大洋ホエールズ)、水野雄仁(後に読売ジャイアンツ)という超高校級のエースにあの山びこ打線の時代と比べるのは酷というものだろう。

前年選抜大会でベスト4に残ったチームよりも弱冠前評判は低かった。

しかし初戦で終盤一気の逆転勝ちを見せるとこの新生池田高校は波に乗った。

2回戦は1点を巡る大接戦を制し、勝負強さを見せてくれた。

準々決勝も終盤のワンチャンスで逆転すると、準決勝は打線が火を吹いて池田らしさを見せている。

3年ぶりの頂点を目指して初陣を迎え撃つ。

3年連続の初出場初優勝校へ

新鋭高校ながら1、2回戦を連続でサヨナラ勝ちし、その名を全国クラスにのし上げた宇都宮南。

特に2回戦で優勝候補と目された高知高校を退けたことが大きな注目を浴びた。

準々決勝ではこの大会防御率ナンバー1の広島工業上田投手を攻略し、勢いが本物という証拠を見せた。

準決勝では同じく初出場で快進撃を続けたミラクル新湊を撃破している。

大会中に成長していくチームが多々あるが、この宇都宮南はまさにその典型的なチームである。

この2年前から岩倉高校、伊野商業が連続で初出場初優勝という栄冠を飾っているので、宇都宮南も続きたい。

思惑通りの速攻

1回の表、池田はトップの藤原がいきなりレフトにツーベースヒットを放つ。

ワンアウト後、3番森がフォアボールで歩きランナー1、2塁とチャンスを作る。

ここで打席には4番ピッチャー梶田。

この最初の山場で梶田はレフトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、2点を先制した。

ツーアウト後、6番井上がセンター前にタイムリーヒットを放ち、3点目。

先攻を取った池田にとって、思惑通りのロケットスタートを切った。

自らのタイムリーに気をよくした梶田は立ち上がりからランナーは出すものの、要所を飄々と切り抜けるピッチングを見せる。

3回表、池田はこの回先頭の3番森がレフトラッキーゾーンに飛び込むソロホームランを放ち、4点目を追加する。

森の今大会第2号アーチは50000人の観衆を唸らせた。

3年ぶりの紫紺の大旗

池田の序盤の猛攻で、試合は圧倒的に池田ペースで進んだ。

数々の強打を見せてきた宇都宮南打線であったが、毎回のランナーを出すものの肝心な1本が出ない。

宇都宮南にとって、ズシリと重たい4失点であった。

高村投手も立ち直り、4回から6回までの3イニングをパーフェクトピッチング。

すると6回裏、宇都宮南はこの回トップの3番篠原がツーベースヒットを放つ。

反撃のチャンスであったが、篠原は盗塁を刺されてしまいチャンスは途切れた。

直後7回表の池田はツーアウトながらランナー1、2塁とチャンス。

ここで再び梶田がヒットを放ち、1点を追加した。

池田は8回表にもワンアウトランナー1、2塁として9番黒田がレフトにタイムリーを放ち、6点目のホームイン。

後半にまた引き離しに成功した。

8回裏、宇都宮南はツーアウトランナー2塁として3番篠原がライトにタイムリーヒットを放ち、ようやく1点を返した。

9回表、池田は3番森、4番梶田の連打でランナー1、3塁とまたまたチャンス。

ここで5番井上がレフトに犠牲フライを放ち、ダメ押しの7点目を追加した。

終始リラックスムードでピッチングを続けた梶田投手はラストバッターに同じエースの高村を迎えた。

高村のバットが空を切った瞬間、春は池田のものとなった。

試合は池田高校が7―1で勝利し、優勝した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

どんな試合展開になるか、予想のつきにくい両者の試合でした。

しかし初回の速攻が見事にはまりましたね。

池田高校ファンとしては安心して観戦出来た事と思います。

PL学園に世代交代をされた池田高校。

しかしPL学園が敗れたこの大会に再び頂点に立ち、その存在をまた輝かせました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ