高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

   

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 

浦和学院高校vs泉州高校

初出場ながら、故野本監督の最高傑作である浦和学院。

対するはPL学園を倒し、激戦区大阪を制した泉州高校。

ともに高い実力派の対戦は否が応にも注目の的となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

初出場初優勝へ

名門上尾高校を春夏6度の甲子園大会に導いた名将、故野本監督。

その野本監督が新しく浦和学院で指揮を取り、3年計画の3年目に初出場を決めた。

背番号11ながら実質的にエースの2年生ピッチャー谷口。

左の清原の異名をもつ2年生4番鈴木健(後に西武ライオンズ)、その鈴木を支える小林、黒須、伊藤、半波らの強力打線。

まさに満を持して迎えた埼玉県大会において、快勝の連続で勝ち上がっていった。

大宮工業との大一番でも真っ向勝負で打ち合い、8―5で見事に優勝を決めた。

しかし野本監督は病魔に倒れ、ベンチから退いた。

そして甲子園開会式の日に天国へ旅立ってしまった。

和田新監督と浦和ナインは野本前監督の想いを胸に闘う。

PLを陥落させた泉州

ここ数年のPL学園の大活躍により麻痺していたが、やはり大阪は一筋縄にはいかない。

大阪イコールPL、という神話は6季ぶりに崩れ去った。

それがいかに大きな出来事かと言うと、昨今のPLの成績を見ると一目瞭然である。

81年82年のセンバツ大会連覇、83年夏の選手権大会優勝、84年の春夏準優勝、85年センバツ大会ベスト4、夏の選手権大会優勝、この年もセンバツ出場を果たしているのだ。

この夏も霜村英昭(後にヤクルトスワローズ)を中心に優勝候補筆頭であった。

しかしそのPLの牙城を崩したのは準決勝であいまみえた泉州高校。

泉州のエース米倉は、PL打線を7安打完封。

虎の子1点を守りきった泉州がPL一色の大阪に一石を投じた。

泉州は勢いそのままに決勝では大商大堺高校に6―2と完勝し、夏の甲子園初出場を勝ち取った。

狙うは泉州時代の幕開け。

PLに代わる大阪代表を披露したい。

迫力の浦和ナイン

PLを完封した米倉vs浦和学院の強力打線。

初出場同士とは思えない注目の一戦は浦和学院の攻撃から。

1回の表、米倉はトップの高倉にフォアボールを与えると2番小林の送りバントをフィルダーチョイス。

早くもクリーンアップの登場となった矢先、3番黒須がセンターオーバーのスリーベースヒットを放ち、浦和学院が先取点を奪った。

続く4番鈴木健も左中間にタイムリーツーベース。

このあと7番中村にタイムリーが飛び出して浦和学院は4点をあげた。

その裏、泉州高校は3番奥野がレフトにソロホームランを放って1点を返す。

しかし泉州のアウトはすべて三振であったため、谷口投手の切れ味が中々のものと言う証左と見えた。

大会屈指の大型チーム

浦和学院は4回表、高倉と鈴木健のヒットでチャンスを作ると5番伊藤がタイムリーを放ち、追加点。

5回にも2番小林のタイムリーヒットで追加点と差を5点とした。

泉州高校は6回裏、4番浜本がセンターの頭を越えていくソロホームランを放ち、反撃の1発とした。

大阪を代表するチームとあり、やはりただでは転ばない。

7回裏、泉州高校はツーアウトながら満塁と谷口投手を攻め立てた。

すると谷口の変化球がすっぽ抜けて泉州は労せず1点を返して3―6と差を詰めた。

だが浦和学院は予想以上に凄まじい。

8回表、フォアボールのランナーを2人置いて6番半波、7番中村、8番高田の3連打で2点を追加した。

9回表にはランナー2、3塁から4番鈴木健がタイムリーヒットを放ち、2点を追加し、終盤に突き放した。

ホームランを2本打たれた谷口であったが要所で効果的にスクリューボールを使い、三振を11個奪った。

試合は10―3で浦和学院が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

4番鈴木健が4打数3安打3打点、谷口投手が11奪三振。

ともに2年生ながら楽しみな逸材の登場となりました。

浦和学院は18安打10得点と噂にたがわぬ強さでしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ