高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 明徳高校vs青森北高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 明徳高校vs青森北高校|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 明徳高校vs青森北高校

大会4日目の第3試合は四国の雄、昨年に続く出場となる高知県代表の

明徳高校と、狙うは北国旋風、初出場の青森北高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

防御率0点代のエース

大会4日目の第3試合は四国の雄、昨年に続く出場となる高知県代表の明徳高校と、狙うは北国旋風、初出場の青森北高校の対戦となった。

明徳高校は昨年に初出場を遂げたばかりで優勝してもおかしくは無い戦力を誇ったが、それよりも小粒とされた新チームもかなりの実力高校と見られていた。

しかし、私としては昨年にひけをとらないAクラスの実力を持っているのでは無かろうかと思っていた。

それは1年生エースの山本賢が安定感抜群で、高知県予選と四国大会を投げ抜いた防御率が0.97である事と、チーム打率が.359と高いこと、そして池田高校に一度8vs1と完勝していることが要因であった。

対する青森北高校は新チーム結成以来、東北大会で準優勝するまてま公式戦16連勝という勝負強さを発揮した。

その原動力はなんと 言ってもエースの越田。

チーム打率が.268と、決して高くはない攻撃力を補った越田の制球力に尽きる。

秋の公式戦17試合の全てを1人で投げ抜き、そのうち10試合も完封、防御率は0.51という素晴らしい成績をおさめた。

互いに防御率が0点台であるが、当時は野球処の四国のレベルがやはり高いことから、明徳高校が戦力的に有利と見られていた。

膠着状態

明徳高校の攻撃で始まった1回表、ツーアウトから3番矢野がセンターオーバーにスリーベースヒットを放つが、越田は4番菅沼を空振りの三振に仕留めて上々の立ち上がり。

その裏の明徳エース山本賢の立ち上がりは、低めをつくコントロールでそれぞれファーストゴロ、センターフライ、セカンドゴロと、打ちにくいピッチャーと印象付けるには充分であった。

4回表、裏終わって0vs0と序盤は投手戦となったが、鋭いスイングの明徳打線を上手にかわしている越田に対して、山本賢は冴えわたる制球力で青森北打線を全く寄せ付けない。

なので同じ無得点でも、明徳打線の場合はきっかけ次第でいつでもチャンスが作れるように見えた。

青森北としては越田が何とか明徳打線をかわしているうちに先制して、明徳の焦りを引き出したいのだが、いかんせん山本賢に手も足も出ずにパーフェクトに抑えられていた。

ベールを脱いだ明徳

そうして迎えた5回の表、明徳高校はこの回先頭の山本賢がヒットを放つと続く和田礼のバントがヒットとなり、ノーアウト1、2塁のチャンス。

続く田原のサード強襲ヒットで先制すると九番和田直のスクイズが内野安打となり、2点目。

ツーアウト後に3番矢野がらレフトへタイムリーツーベースヒットを放ち、2点追加でこの回4点を奪った。

6回表にも明徳打線は見せてくれる。

まず先頭バッターの北野が、レフトへ豪快なホームラン。

続く山本賢がヒットで出塁すると、和田礼が送りバントを決める。

序盤は上手く明徳打線を翻弄していた越田であるが、2回り目にもなると完全に見極められているようで、この辺りから投げる球が無いように見えた。

真ん中に集まり出した所を続く8番田原に左中間へタイムリースリーベース、9番和田直にライト前ヒットと連続でタイムリーを浴び、この回さらに3失点。

7回表にもこの回先頭の2番横田がセンター前ヒットで出塁すると当たっている3番矢野が送りバントを決める。

このように明徳は打線の力強さに加えて小技が上手く、なぜAクラス評価では無かったか疑問に思うほどの実力を感じた。

このチャンスに4番北野がきっちりタイムリーヒットを放ち、1点追加し8vs0とする。

パーフェクトに抑えられていた青森北打線は7回裏に先頭の小阪がフォアボールで初のランナーを出すが、盗塁死に倒れる。

ツーアウト後に3番大間がセンター前に初ヒットを放つと、4番吹田、5番斉藤が連続ヒットを放って満塁にするも、神がピッチャーゴロに倒れて反撃もこれで終わった。

明徳は8回、9回にも1点ずつを加えて10vs0とすると、山本賢もピシャリと抑えて3安打完封で明徳高校が1回戦を完勝した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

青森北の越田投手も堪えていたのですが、明徳の質の高さに中盤からしてやられてしまいましたね。

あまりの完成度の高さに一気に上位進出は間違いないと確信しました。

前年度センバツの優勝チームのエース、PLの榎田投手のように打たれにくい典型的なタイプを感じた山本賢投手でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ