高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 星林高校vs佐世保工業|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 星林高校vs佐世保工業|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 星林高校vs佐世保工業

大会第5日目の第1試合は和歌山県代表の星林高校と長崎県代表の

佐世保工業の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

好投手対決

大会第5日目の第1試合は和歌山県代表の星林高校と長崎県代表の佐世保工業の対戦となった。

星林高校は完全な守りのチームであり、チーム打率は261と決して高くは無いが、和歌山県大会から近畿大会を通じて完封負けが1度しかないという粘りが持ち味である。

そしてなんと言っても中心はエース永岡である。

永岡は制球力に長けており、フォアボール等から崩れることは先ず無い。

県下に構える箕島高校戦だけではなく、星林高校野球を見せるべく見せて和歌山県大会を制した。

近畿大会でも報徳学園を退けていることから、それはフロックでは無いだろう。

対する佐世保工業は、昨年夏のベンチメンバーが6人も残り、経験値はかなり高い。

エース香田は一冬を越して制球力が身に付き、昨年夏の2回戦で8四死球と乱れたコントロールは今や影も無い。

それでいてストレートが時折140キロを越えるのだから、九州地方3番手と言えど差を感じさせない3番手であった。

チーム打率は257と、星林高校と同じように決して破壊力があるわけでは無いが、先述の通り佐世保工業には昨年夏の経験があるため、やや佐世保工業有利の声の中で試合は始まった。

少ないチャンス

先行は星林高校、先頭のトップバッター内田が意気込みを見せるもキャッチャーに捌かれワンアウト。

2番森は香田の速球に手も足も出ずに三振。

3番ピッチャーの永岡は三遊間に上手くヒットを放ち、存在感を見せるも4番山路はショートゴロに倒れて先取点とはいかなかった。

その裏、佐世保工業はトップの川添が三遊間を抜けそうな内野安打を放つと、二番の山下はフォアボール。

立ち上がりに緊張感の見える永岡に対して、甲子園経験のある川添はすかさず盗塁を決める。

3番田渕はサードフライに倒れたものの、まだワンアウト1、3塁のチャンス。

ここで4番香田の打球はファーストへの内野安打となり、佐世保工業が1点を先制する。

星林高校としては直ぐに反撃して佐世保ペースにさせたくは無いのだが2回、3回と3者凡退に終わり、なかなか糸口を掴めない。

星林高校エース永岡も2回を3者凡退に片付けて、自分らしいピッチングを掴みつつあったが、3回裏にこの回の先頭の川添にレフト前にヒットを打たれると、初回のような盗塁を警戒してかワイルドピッチをしてしまう。

続く2番山下に送りバントを決められ、手痛いピンチとなる。

ここで3番の田渕は2ストライクと追い込まれたあと、スクイズを試みる。

永岡はとっさにウエストボールを投げて外すが、これがキャッチャー森のパスボールになってしまい、3塁ランナーをホームインさせてしまう。

佐世保工業にとっては非常に幸運な追加点となった。

このあと、4番香田にフォアボールを与え、崩れるかに見えた永岡であったが、香田を牽制球でアウトに取ると冷静さを取り戻したように見えた。

響いた序盤

4回表に星林高校はワンアウトから永岡自らレフト前ヒットを放つも、盗塁を失敗してチャンスは作れない。

4回裏に佐世保工業もワンアウト1、3塁のチャンスを作るが8番大浦はサードゴロ、9番恋塚はファーストゴロに倒れて追加点ならず。

5回からは完全に自分のピッチングを取り戻した永岡が、佐世保工業にフォアボール1つを出しただけの素晴らしい制球力を見せた。

それだけに実に悔いの残る序盤の失点であった。

佐世保工業エース香田は、ノーアウトからランナーを1人も出さない完璧なピッチングを見せ、昨年夏からの成長ぶりを見せつけた。

最終回、1人気を吐く永岡がこの試合3本目となるツーベースヒットを放つが、4番山路は三振に倒れてゲームセット。

佐世保工業が2vs0で1回戦の最後の試合を飾った。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

序盤のミスがそのまま試合を決めたゲームでした。

しかしそれが無くてもやはり佐世保の香田に部があったと思うほどのピッチングでした。

敗れたものの、永岡選手のセンスは素晴らしいです。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ