高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】2回戦 横浜商業vs星稜高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】2回戦 横浜商業vs星稜高校|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会2回戦 横浜商業vs星稜高校

大会第5日目の第2試合から2回戦に突入した。

緒戦で有力チームである広島商業に完勝した横浜商業と、そつのない

攻撃力で熊本工業を圧倒した星稜高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

好調な両エース

大会第5日目の第2試合から2回戦に突入した。

緒戦で有力チームである広島商業に完勝したことで一躍V候補に躍り出た横浜商業と、そつのない攻撃力で熊本工業を圧倒した星稜高校の対戦となった。

1回の表、横浜商業の攻撃は西村から。

星稜高校のマウンドは1回戦同様に荒山があがっていた。

初戦は立ち上がりに連打を許し、序盤から3失点した荒山であったがこの日はうって変わり、1番西村をショートゴロ、2番信賀をセンターフライと、うるさい二遊間コンビを抑える。

すると初戦でホームランを放った3番高井をもレフトフライに仕留める素晴らしい立ち上がりを見せた。

対する横浜商業のエース三浦も星稜トップバッターの湯上谷をセカンドゴロ、2番川村を三振、と早くもツーアウトにとる。

3番の神にレフト前ヒットを打たれ、4番荒山にはキャッチャー森屋が打撃妨害をしてしまいツーアウトながら1、2塁とランナーを背負うが、5番仁尾は三浦の大きなカーブにあえなく三振。

三浦も1回戦より調子がよく見え 2回も荒山は3者凡退にきる素晴らしいピッチング。

2回に星稜高校は、先頭の安江がよく見極めてフォアボールを選ぶものの、盗塁を失敗してしまう。

三浦の出来からして、早めに仕掛けたい気持ちは画面を通しても充分に伝わってきた。

3回表の横浜商業は先頭の三浦がフォアボールを選び、これを森屋がきっちりバントで送る。

林が倒れてツーアウト後にトップの西村がセンター前に痛烈なヒットを放ち、2死ながら1、3塁のチャンス。

ここで2番の信賀がライト前にタイムリーヒットを放って横浜商業が1点を先制する。

三浦に負けず劣らずの今日の荒山は、続くピンチも3番の好打者高井を抑えて後続を断つ。

それだけに信賀のタイムリーヒットは貴重なものであった。

逃したチャンス

4回裏の星稜高校は、この回の先頭バッターである4番エースの荒山が、自ら三浦のストレートを弾き返し、右中間へスリーベースヒットを放つ。

この同点の大チャンスに5番仁尾は三浦のカーブに引っかけてピッチャーゴロ。

ここぞで決まる大きなカーブにさしもの星稜打線も大苦戦である、とは言ってもこのチャンスは逃せない。

続く6番安江の時、星稜高校はついに仕掛ける。

ツーストライクと追い込まれた後、3塁ランナー荒山がスタートをきる。

意表をつくスリーバントスクイズであったが、三浦が素晴らしいグラブ捌きを見せてランナー荒山はタッチアウト。

1塁ランナーとして残った安江も盗塁を失敗し、星稜はまたとない大チャンスを逃してしまった。

三浦の出来映えからして、この1点の重さは計り知れないものであったが、星稜高校エース荒山も気持ちを切らすことは無く、5回、6回と素晴らしいピッチングで凡退の山を築く。

対する三浦の安定感はさらに荒山の上をいき、時折フォアボールでランナーを出してもヒットは許さず、最後はカーブで三振と決して崩れはしない。

重い1点

膠着状態で迎えた7回表、横浜商業はこの回の先頭、4番佐藤道がライト前に上手く運ぶヒットで出塁すると、5番中村が送りバントを決める。

ここでもう1人の佐藤、佐藤利がセンター前ヒットを放ち、ワンアウト1、3塁のチャンス。

しかし、ここでも荒山が落ち着いて続く三浦をサードフライ、8番森屋を三振に仕留めるピッチングを見せて味方の反撃を待つ。

だが、三浦も星稜打線がカーブにタイミングが合っていないことを見抜き、カーブを多投。

これが見事に嵌まり、4番荒山から始まった9回は3者連続三振でこの試合を締めくくった。

点差こそ1vs0であり、荒山も5安打しか許さなかった。

だがそれ以上に新チーム結成以来初めての完封シャットアウト負けにショックは隠せなかった。

これにて横浜商業がベスト8進出1番乗りを決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

この試合から2回戦でしたが、いきなり好カードでシビれる試合でした。

1回戦で高い得点力を見せた星稜を見事に封じた三浦投手が素晴らしかったです!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ