高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

羊蹄山に登ってみたい!登山の難易度の低いおすすめコースは?

      2015/08/05

羊蹄山に登ってみたい!登山の難易度の低いおすすめコースは?

羊蹄山は北海道後志地方南部にある、標高1,898mの成層火山である。

後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。

また、名水の地としても知られる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

後方羊蹄山 登山の前に山のことを知ろう

羊蹄山は円錐形の成層火山で、2003年(平成15年)に気象庁により活火山に指定された。山頂には直径700m、深さ200mの火口(父釜)があり、西北西斜面にも側火口(母釜、子釜)を持つ。約10万年前から5万年前にかけて古羊蹄火山が活動し、現在の羊蹄山の活動は約5-6万年前から始まり火砕流や山体崩壊も起きた。約1万年前以降は側火山の活動が中心となり、約6千年前以降は活動していない。
名水の地としても知られ、周囲には無料で利用できる水汲み場が数か所ある。
羊蹄山に登るには、倶知安コース、京極コース、真狩コース、喜茂別コースの4種類がある。どのコースも登山には4時間から6時間程度がかかる。9合目付近には100名収容の避難小屋があり、毎年6月中旬から10月中旬には管理人も常駐している。

引用元-後方羊蹄山登山|ガイドブックにないガイド

羊蹄山真狩コースの難易度とは

「真狩コース」は最もポピュラーなルートであるがうえに道が
相当に荒れた部分が多くなっています、道がV時型に抉られた箇所も有り
雨上がり後の下りは結構神経を使います。
更にルート自体は登りやすい反面、その分距離が有ります。
更に羊蹄山の頂上は真狩コースから登ると丁度、火口縁の反対側になり
真狩コースで火口縁に出たら頂上迄火口縁を半周する必要が有ります。
但し、一回は頂上に達して何度も真狩コースで羊蹄山に登られている方だと
真狩コースの火口縁に出た所に有ります旧避難小屋跡のコンクリート土台で
皆さん此処を仮の頂上として満足し、此処で下りる場合も多い様です。
初心者さんは余計に疲れた体で頂上迄の火口縁半周は結構堪えると思います。

引用元-羊蹄山の最も初心者向けの登山コースをご存知の方いませんか? – … – Yahoo!知恵袋

羊蹄山 初心者登山におすすめの比羅夫コース

4合目を過ぎた辺りから傾斜がきつくなります。
比羅夫コースより真狩コースの方が緩いらしいですが、
登山地図で見る限り大きな差はなさそうにも見えます。
心もち緩い感じでしょうか。
持ち物は普通の山のものでいいと思います。
途中に水場が無いのでその分必要です。
一人2Lは要りそうですが個人差もあるので何とも言えません。

使わなければ良いという感じで、着る物は防寒用に1枚多目がいいかもしれません。
以前9月初旬に大雪山系の山に登ったらアラレが降ってきました。
そのことを山小屋の人に言うと、8月にも降ってたと言われました。
気象条件で極端に変化するので注意は必要です。
8合目より上は森林限界を越えます。
遮るものは無いので風が強いと歩きづらく、体温を奪われやすくなります。

登山地図で予め歩くコース、周辺の目印を確認して下さい。
コースが分っていればいざという時に近い所から降りられます。
山頂でビバークするより9合目の避難小屋に行く方がいいです。
山頂付近ではぐれたら携帯は通じるはずなので活用して下さい。
悪い事ばかり考えていても仕方ないです。
人事を尽くしたなら微風晴天を祈って楽しんで下さい。

引用元-8月の中旬に羊蹄山に登ります – 登山・キャンプ | 教えて!goo

羊蹄山を登るにあたっての注意

9合目にある羊蹄山避難小屋はあくまでも「避難小屋」で、予約は成立しません。避難してきた登山者は全て受け入れますので注意してください。
避難小屋が小さく、混雑時は休養が困難となる場合があります。体力にもよりますが、早朝からの日帰り登山がおすすめです。1泊に比べ、軽量の装備ですみます。涼しい時間に行動できますし、山行時間を長くとれます。もちろん何かあった場合は避難小屋を利用してください。

日中晴れた日は日差しが強いので日焼けなど日射による障害に注意してください。
気温差が激しい季節です。温度管理に気をつけましょう。
羊蹄山は標高差で1,600m以上あります。かなりの「アルバイト」となりますので体力にあった山行を心掛けてください。
ゴミやトイレの汚物は自己責任で必ず持ち帰り、山を汚さないでください。モラルを身に付けましょう。
ペットと入山する場合はハーネスで繋ぐなどして放さないでください。ペットの汚物は必ず持ち帰ってください。
入山の際は事前に情報を入手し、充分な準備をお願いします。羊蹄山の情報は倶知安町観光係から知ることができます

引用元-蝦夷富士小屋から羊蹄山の情報 – 高山植物帯では、多くの花々が見頃… – 2015年07月21日 Yamakei Online / 山と溪谷社

蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山

富士山によく似たその整った姿から、郷土富士として蝦夷富士(えぞふじ)とも称される。
明治、大正から昭和にかけて後方羊蹄山(しりべしやま・こうほうようていざん)、マッカリヌプリ、蝦夷富士の呼び名が併存していた。また一部の地図にはマッカリ山(真狩山)の表記も見られた。
陸地測量部の1920年(大正9年)発行の5万分の1地形図「留寿都」では後方羊蹄山(蝦夷富士)と記載されていた。しかし難読であったことから地元の倶知安町が羊蹄山への変更を求め、国土地理院の1969年(昭和44年)11月発行の地形図から羊蹄山と書き換えられた。このため現在の羊蹄山の名が定着することとなった。
旧名である後方羊蹄山は、斉明5年(659年)に阿倍比羅夫が郡領を置いたと日本書紀に記されている地名後方羊蹄(しりべし)に由来する(実際に同じ場所を指すかどうかは不明)。なお、後方で「しりへ」と読み、植物のギシギシの漢名である羊蹄を和名で「し」と読む。
アイヌの人々はマッカリヌプリもしくはマチネシリ(雌山)と呼び、南東にある尻別岳 (1,107m) をピンネシリ(雄山)と呼んだ。なお尻別岳は後方羊蹄山に対して一部のファンの間では前方羊蹄山と呼ぶことがある。

引用元-羊蹄山 – Wikipedia

twitter

 - アウトドア, 登山

ページ
上部へ