高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】2回戦 池田高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年春センバツ】2回戦 池田高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会2回戦 池田高校vs岐阜第一高校

大会第六日目の第3試合は、優勝候補筆頭である池田高校が登場し、

この日最高である4万人の観衆が詰めかけた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

山びこ打線有利か

大会第六日目の第3試合は、優勝候補筆頭である池田高校が登場し、この日最高である40000人の観衆が詰めかけた。

昨年夏のインパクト冷めやらぬまま、初戦で強打の帝京高校を完膚なきまで叩き潰した池田高校に、嫌がおうにも夏春連覇の偉業が期待された。

対する岐阜第一高校も、東海チャンピオンの名を恥じぬ闘いぶりで初戦、四国の雄である尽誠学園に完勝したことから地力を感じたが、相手が悪いだけに自然と胸を借りる格好となっていた。

思い通りの投球

初回から池田高校の打棒に炸裂されては帝京高校の二の舞になりかねないだけに、岐阜第一のエース加藤としては慎重の立ち上がりになった。

しかし、1番坂本をファーストゴロ、2番金山をショートゴロに打ち取ると3番江上もショートゴロに抑えてさい先の良い立ち上がりを見せた。

対して1回戦で剛球を武器に帝京打線をキリキリ舞させた水野はこの日も球が走る。エラーで先頭の林を出塁させたものの、3番早矢仕、4番石地を内外角にズバズバ決まる速球で連続三振に仕留める。

これには岐阜第一としても簡単に点を取れるとは思えず、加藤がいかに失点を防ぐかに注目が集まった。

3回の表の池田高校はこの回先頭の高橋がフォアボールで出塁、松村が送ってワンアウトランナー2塁とする。

ここで2代目恐怖の九番井上がセンター前ヒットを放ち、あっさり池田が先制、と思われたが2塁ランナーの高橋が3塁ベースを踏んでおらず、これは幻の1点となってしまった。

これである意味肩の力が抜けた加藤は投球パターンを駆使し、5回を投げて無得点、井上の1安打に抑える完璧な好投を見せた。

水野は相も変わらずの寄せ付け無い圧倒的なピッチングで、3回からは4者連続三振を見せた。

炸裂した打線

0vs0と、予想外の展開で迎えた6回、池田は先頭の松村がフォアボールで出塁。

内外に散らしていた加藤であったが、徐々にボールを見極められた瞬間であった。

続く9番井上が送りバントを決めた所で、池田高校が真剣に点を取りに来てると感じた事だろう。

ツーアウトランナー2塁で金山の打球は三遊間に飛ぶタイムリーヒット。

続く江上がライト前ヒット、4番水野がセンター前ヒット、5番吉田がレフトにタイムリーツーベースヒットを放ち、この回都合4得点。

1度火がつくと止まらない山びこ打線に球場は盛り上がった。

その裏、岐阜第一もワンアウトから7番穴吹がセンター前にチーム初ヒットを放つが無得点に終わっては何の慰めにもならない。

直後の7回表、池田はワンアウトから八番松村がライトへツーベースヒットで出塁すると、加藤は井上にストライクが入らずフォアボール。

トップの坂本が左中間にタイムリースリーベースヒットを放つとまたしても山びこ打線が始まり2番金山がレフト前ヒット、3番江上がライト前ヒット、4番水野がライト前ヒット、5番吉田がライト前ヒット、そして6番上原がセンターオーバーのスリーベースヒットというつるべ打ちで、この回6得点。

2イニングで2桁得点を取られ、茫然とマウンドを降りる加藤であった。

その裏、岐阜第一も加藤に代わってマウンドに上がった小椋が水野からレフト前ヒットで出塁すると、続く6番伊藤もライト前ヒットで続き、ノーアウトランナー1、2塁とチャンスを作る。ここで7番穴吹の打球をサード江上がエラーし、2塁ランナーが生還して1点を返す。

しかし反撃もここまで。

8回、9回と池田高校に対し岐阜第一の控え投手の小椋、小川が1イニングずつを無得点に抑える好投を見せたが、2回り目からも押さえれたかは神のみぞ知る所であろう。

それほどまでに素晴らしい連打攻勢であった。

水野も1点を失い、2試合連続完封とはいかなかったものの、エラーによる失点であり防御率は0という安定ぶり。

試合は10vs1で池田高校が勝ち、ベスト8進出を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

1回戦で優勝候補No.1に躍り出た池田を、加藤投手の丹念なピッチングが見事にはまった立ち上がりでしたね!

しかし中盤からの集中打はさすが山びこ打線です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ