高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

シーバスを釣るにはどんなルアーが適しているの?

      2015/09/03

シーバスを釣るにはどんなルアーが適しているの?

シーバス(スズキ)を釣るためには、その釣り場で最適なルアーを選ぶ

必要があります。

ルアーを使い分け、楽しいシーバスを満喫しましょう。

ここではそんなシーバスのルアーについてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

スポンサーリンク

シーバスルアーの種類

■シーバス用のルアーは各メーカーから様々な種類のものが販売されています。こちらでは一般的なルアーをご紹介します。

■ミノー
シーバス釣りにおいては基本でメインとなるルアーです。小魚の形をしています。基本的にはフローティングタイプ(水に浮くタイプ)を使用しますが、釣り場の状況によってはシンキングタイプ(水に沈むタイプ)を使用します。 シーバスのいるレンジ(深さ)を探すためにも違うタイプのミノーを使用する事でより幅広く探る事が可能となります。 ミノーの動かし方としては基本的には巻くだけでいいのですが、そのルアーがきちんと動くスピードで巻く事が重要となります。 またトゥイッチング(リールを巻きながら竿先で軽くアクションを加える)などのテクニックも有効です。 大事な事として、そのルアーがどのような動きをするのかをきちんと把握してから釣るという事です。

■スピンジグ
テールにブレードがついたジグです。このルアーの使い方はただ巻くだけなので簡単です。巻くだけでもブレードがキラキラと回転し魚にアピールします。 コツはリールを巻くスピードを調節してルアーがどの層を泳いでいるかをイメージしながら操作して下さい。

■バイブレーション
ブラックバス釣りでもおなじみのバイブレーションですが、シーバスフィッシングではシンキングタイプがあれば大丈夫です。こちらも基本的には遠投してただ巻くだけでOKです。

■メタルジグ
潮の流れが速く軽いルアーではダメな時や、遠投したい時、風が強いときに他のルアーでは投げれない状況で活躍します。 ルアー自体の重量がありますので、そのルアーの重さに合ったロッドが必要となりますので注意して下さい。(ほとんどのロッドには使えるルアーの重さが記載されています。)

■トップ系ルアー
シーバスが小魚等を水面まで追って捕食している時(ボイル)に活躍するルアーです。シーバスが水面まで飛び出てルアーにアタックする姿は大興奮です! 一つは持っていて損はないルアーです。

■ソフトルアー
あまりシーバス専用のワームはありませんが、ブラックバスで使用する大き目のワーム等でもシーバスを釣る事は可能です。 テキサスリグやジグヘッドリグが一般的です。

引用元-海水魚を釣ろう!シーバス(ルアー)編|タックルベリー

シーバス ルアーの食わせ方

ルアーは食ってもらうものではなく、食わすものです。

そう思える釣りをぜひして欲しいぞ、と。

すれば、たった一尾の魚でもあなたは幸せになれるはず。

いくらポイントや潮の読みができるようになっても、ルアーをコントロールできていなければ魚のバイトを得ることは難しいでしょう。

ルアーは食ってもらうのを待つものではない、食わせるものである。

これを理解することで足下の反転やチェイスするものの、結局バイトをさせられないといった様な問題を次々と解決できるようになります。

まずはルアーフィッシングの基本でもある、ミノーイングのただ巻きを基本とし、それを応用したいくつかのメソッドについて解説していきます。

港湾部においてゲームをしている人はとっくにご存じだと思いますが、シーバスは僕たちが思っている以上にルアーを見切る事が多いです。僕が思うに9割のスズキはルアーを見切っているのではないでしょうか。

流れの少ないところ程、スズキはルアーを見切る性質がありますが、河川や干潟・サーフでも結構な数のスズキがルアーを見切り、バイトをしません。あらゆるメソッドを使ってもルアーにバイトすることがないスズキが半数の5割近くいるのではないでしょうか。

そんなことを最近は考えるようになりました。そうとしか思えない経験をたくさんしてきました。

キャストしていて全く釣れないのに、漁師が刺し網で目の前からごっそりと持っていくという経験は実際によくあることです。

それほどまでにルアーは見切られているのです。

僕が将来のためにリリースをしようと言う理由のひとつはここにあります。

たくさんいるシーバスのうち、ルアーに反応する性質を持った魚はわずかしかいないわけです。

その魚をルアーで釣ったアングラーが殺していくという事は、ルアーに反応するという遺伝子をことごとく潰していくと言うことに他ならないからです。

そう考えると、漁師や餌釣り師がスズキを殺すのとは本質が違います。

僕らはルアーに反応する魚を釣っているのです。

ならば、そのルアーに反応する可能性がある5割のシーバスをどうやって釣っていくか。

シーバスはかなり濁った潮でも容易にルアーを見切ることから測線などに伝わる何らかの情報をもってルアーをベイトフィッシュでないと判断しているようです。

僕が声を大にして言いたいのは、どんな状況であれ、ただ巻きをベースに漠然とゲームをやっているアングラーがいて、

「今日は魚が回遊してこなかった」とか、「追っては来たけど活性が悪かった」と思わないで欲しいということです。

単に食わせられなかっただけなのです。きっと魚に見切られています。

ルアーは食わすもの。そう肝に銘じてゲームに挑むだけで釣果が変わってくるでしょう。

引用元-シーバスのルアー釣りにおけるルアーの食わせ方

シーバスおすすめのルアー

【ルアーの種類】
シンキングミノー
【使用場所】
堤防、小型河川のストラクチャーゲームなど
【おすすめカラー】
メタリックイワシ/キャンディーグローピーチ
【おすすめアクション】
トゥイッチ、タダ巻き、ドリフト

シンキングペンシル、略してシンペンなどと呼ばれているこれ。
一番最初に持ってきた理由は一番釣れるから。
まさに爆釣したいならこれってやつです。
よく飛び、アクションもロッドワークに対して素直なので、多彩に攻めることができます。
『あの橋脚が狙いたいけど、小さめのミノーじゃ届かない・・・』
なんで場合もこれでしっかり抑えることができます。

これがタックルボックスに入っていない人は、無くても爆釣出来る上級者か、これを知らない人。ってくらい重要なルアーです。
俺もスレが激しくて何投げても食ってこないとき、これで助けられたことは多いです。

使い方はタダ巻きから、ジャーク、ドリフトまで何でも来いです。
お持ちじゃない方はこれだけは必ずタックルボックスに入れておきましょう。
弱点はフックの弱さだけ(笑)

引用元-爆釣実現!!シーバスのルアー7選 初心者でも必ずタックルボックスに入れときたいシーバスルアー|釣りバカ部 部長フィッシングドラゴンけんけんのブログ|

シーバス・ルアーフィッシングの基本

港湾・河川・サーフなど、各ポイント別にシーバスの釣り方について解説していきたいと思います。
まず始めに、各釣り場共通で考える必要のある、ルアーフィッシングの基本事項を説明します。
…..
■潮汐の重要性
潮汐(ちょうせき)とは、月の引力等の影響により、海面が周期的に昇降する現象のことです。
潮汐という言葉を知らない方でも、干潮と満潮、大潮と小潮(中潮・長潮・若潮)はご存知だと思います。
シーバスを狙う場合、この潮汐が非常に重要な要素のひとつになります。
…..
では何故潮汐を知ることが重要なのでしょうか? それは潮汐が魚の活性に深く関係しているからです。
一般的にベイト(エサとなる小魚)は干潮から満潮に向かう上げ潮に乗って接岸すると言われています。
ベイトの活性が上がり岸際で騒ぎだせば、連鎖してフィッシュイーターも活発に捕食を行います。
シーバスの活性が高くなれば喰いが上がり、ルアーへの反応も良くなる=釣りやすいという訳です。
…..
それでは魚の活性が高くなり、喰いが上がる潮時・潮回りとはいつなのでしょう?
簡単に言ってしまうと「潮が大きく動く周期、時間帯」ということになります。 つまり、
…..
・大潮の日 – 干満差が大きい 1日に複数回の潮汐が見られる(大潮→中潮→小潮→長潮の順)
・満潮の前後 – 1日のうちで潮が動く時間帯 2時間前(上げ七分)、2時間後(下げ三分)
・干潮の前後 – 1日のうちで潮が動く時間帯 2時間前(下げ七分)、2時間後(上げ三分)
…..
となります。 さらに朝マズメ、夕マズメ、満月に潮時が重なれば言うことはありませんね。
河川においても、やはり同様に潮汐が重要であり、流れのあるときほど期待度が上がるようです。
釣行の前にこちらで潮汐表・潮時表を確認してみてください。(潮汐表は釣具屋さんでも販売しています)
…..
釣友が増えてくるとそのうち「今日は大潮で○時満潮だから行くぞ!」とお誘いの電話がくるハズです(笑)
…..
※当然ですが、すべての条件が複合したからといって必ず活発に捕食するとは限りません。
あくまでも期待度が高いということで、長潮、潮止まり、真昼間だろうが釣れる時は釣れます。
…..
■波気と活性
管理人がシーバスゲームにおいて、最も重要なファクターのひとつだと考えるのが「波気(なみけ)」です。
波気とは、様々な要因が絡んだ曖昧な表現なのですが、簡単にいえば「海面の波立ち・ざわつき」です。
特に港湾では顕著なのですが、ベタ凪状態でボラが悠々と泳ぎ、アタリすらなかった場面が一転し、
一時的な強風により海面が波立った途端に釣れ始めるという経験を私自身何度もしています。
…..
これは海水面が波気立つことにより、シーバスの意識が表層に向くと同時に捕食スイッチが入り、活性が
高まるのだと解釈しています。 謂わば海水面全体を覆う広大なナブラと考えれば分かりやすいでしょう。
私は、水深のある港湾では主に中下層を攻めていますが、この時ばかりは積極的に表層を狙います。
…..
■ベイトを見ればルアーが決まる
ベイトとは、シーバスやヒラメなどフィッシュイーターのエサとなる小魚の総称です。
「マッチザベイト」という格言のとおり、いまシーバスが何をエサにしているのかを考えるということです。
イワシ?アジ?サヨリ?ボラの子?アユ?バチ? 何故ベイトのことまで考慮するのかといえば、
その釣り場に最適なルアーのサイズ、レンジ、アクション、カラーを決めるためです。
…..
※まぁ、確かに適当に選んでも釣れますが、考えて臨めば「狙って釣った」と、より満足できるでしょう。
プロでもない限り、ゲームとして釣りを楽しむ訳ですし、あれこれ考え試行錯誤することが大切です。
…..
■ストラクチャーを狙え
ベイト捕食の機会を窺っているフィッシュイーターは、必ず暗い物陰に潜んでいます。
釣り場は、岩礁、橋脚、テトラ、ブイ、船艇、堤防、岸壁など、様々なストラクチャー(障害物)で溢れており、
シーバスが身を潜めるのにも適した場所であると言えるでしょう。
…..
つまり、ボイル中のシーバスを狙うのでもない限り、ストラクチャーやその周りを攻める必要がある訳です。
当然根掛かりやロストも多くなりますが、ストラクチャー周りを意識してキャスティングすることで、
物陰に潜むシーバスを引っ張り出して釣る、食わせて釣るという感覚を身に着けましょう。
…..
■潮目を狙い撃て
潮目(潮の境目)とは、二つの異なる速さ・温度・水質の潮流が接するときにできる筋状の帯のことです。
潮流の衝突で流れが激しく、酸素が豊富になりプランクトンが寄せられ小魚も増えるとされています。
したがって、ベイトを狙うフィッシュイーターも自然と潮目に寄ってくるという訳です。
…..
潮目があれば容易に見つけることができるので、重点的にキャストしたいポイントのひとつになります。
また潮目の見られない場合でも、海面や波の様子が他と違う箇所では、ストラクチャーやヨブなど、
ボトムの地形が変化している可能性が高いです。 やはりこうした場所もしっかりと攻めたいものです。
…..
■釣りやすい釣り場を選ぶ
ここでいう「釣りやすい釣り場」とは、魚がいるという意味ではなく、ヒットしたときに揚げやすい、
獲り込みやすい場所であるという意味です。初心者が高いテトラの上からタモ入れするのは困難ですし、
最後の最後でバラすほど悔しいことはありません。釣れたときのことも考えて挑みましょう。
…..
■情報は金なり
最後に情報の重要性です。地域毎に釣りサイト・ブログ・掲示板が存在する現在、それらを頼りに釣り場へ
向かうということも多いでしょう。 しかし、やはり現場に足を運び、そこで得られる情報には敵いません。
…..
釣具屋、エサ釣りのベテラン、先行者などに当日の状況を尋ね、釣り場・釣り座を決めることが重要です。
そのためにも独りよがりの釣りではなく、コミュニケーションとマナーを心がけ楽しく釣りをしましょう。
…..
※いち早く情報や技術を得るには、本当に釣りが好きで上手い釣友を持つというのが一番効果的です。
幸いにも私は師事できる釣友に恵まれ、何とか自分なりに満足のいく釣りができるようになりました。

引用元-シーバス攻略法 – 港湾/河川/サーフ/ルアーフィッシング/シーバス/ヒラメ/潮汐/ストラクチャー/ポイント別攻略

ルアーカラーに迷ったら

始めてルアーを揃える方でルアーカラーに迷ったら、ナチュラル系(イワシ、ボラ、アユなどを真似たカラーリング)とパール系(ホワイト、レッドヘッドなど)を選ぶことをおすすめします。少なくともこのカラーさえ選べば、どの釣り場においても無難なカラーだといえます。

シーバスが釣れるルアーカラーというものは、実のところ誰にも分かりません。なぜなら、誰にもきちんとした科学的な証明をすることができないテーマだからです。

よく見聞きする釣れるカラーというのは、釣り人がいう「経験則からこのカラーは釣れる」「こういう傾向がある」といった次元の話でしかないです。ようするに、釣れるカラーというのは釣り人の経験則に迷信やジンクスがプラスされて語られているわけです。

釣れるカラーというのは、結局シーバスしか知らないことなので、わからないことをアレコレ考えても仕方がないといえます。とりあえず実績のあるカラーを選べば心理的に使い続けることができるので、ごちゃごちゃと考えずシンプルな考えで気楽にルアーカラーを選ぶといいでしょう。ルアーカラーについて深く悩むよりも、その釣り場でのシーバスがいるポイントや時合の把握、ルアーの動かし方について試行錯誤していったほうが良い結果に繋がるかと思います。

引用元-シーバスルアーの選び方 | シーバス釣り スタートガイド

シーバス釣り twitterの反応

 - アウトドア, 釣りフィッシング

ページ
上部へ