高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】2回戦 大社高校vs東北高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年春センバツ】2回戦 大社高校vs東北高校|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会2回戦 大社高校vs東北高校

大会第7日目の第1試合は、初戦でチームカラーである粘りの

野球で最終回に峡南高校に勝ち越した大社高校と長浜北高校に

先制されるも中盤戦でひっくり返し神宮チャンピオンの名前に

恥じぬ闘いぶりで逆転勝ちした東北高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

粘りが持ち味の両校

大会第7日目の第1試合は、初戦でチームカラーである粘りの野球で最終回に峡南高校に勝ち越した大社高校と、長浜北高校に先制されるも中盤戦でひっくり返し、神宮チャンピオンの名前に恥じぬ闘いぶりで逆転勝ちした東北高校の対戦となった。

お互いに初戦でエースが好投していることから投手戦の予想もあったが、お互いに粘りの食らいつく野球が持ち味であり、もしかして点の取り合いに発展するかも知れないと思ったら、もしかしたらになった。

予想通りの接戦

お互いにエースがマウンドに上がり、初回の立ち上がりはまずまずのスタートであったが、2回表の大社高校はこの回先頭の4番須藤が北田のカーブを捉えてレフト線にツーベースヒットで出塁すると続く森井が送りバントを決めてランナー3塁。

ツーアウト後に7番勝部のショート強襲ヒットで大社が先制点をあげる。

さらに勝部が盗塁を成功してランナー2塁とし、チャンスを広げると8番佐藤が見事にライトへタイムリーヒットを放ち、2点目を追加する。

初戦は峡南高校のエース伊藤に手こずり、最終回まで得点出来なかった大社高校にとっても、序盤での得点は非常にチームにとって活気付くものであった。

一方の東北高校もヒットは出るものの、さすが初戦を完封している森井なだけあってチャンスを作らせてもらえない。

そうしているうちに4回、大社高校は7番勝部がライト線にツーベースヒットを放つと、8番佐藤がきっちり送りバントを決めてランナー3塁。

長岡がフォアボールの後、初戦で決勝アーチを放った1番坂本がセンターへ犠牲フライを放って3点目が入った。

初戦で先制されても逆転勝ちした東北高校はその裏慌てず騒がず、四番藤木のヒットと阿相のフォアボールを足掛かりに、ツーアウトから7番の斉藤がライトにタイムリーツーベースヒットを放ち、2人のランナーを返す。

なるかシーソーゲーム

3vs2と1点差に迫られた大社高校は直後の5回、ツーアウトから5番森井が左中間にツーベースヒットを放つ。

続く6番春木の打球はセカンドゴロとなったが、セカンドの斉藤が失策してしまい、ピンチを広げてしまう。

そしてこの日2安打の勝部がライト前にタイムリーヒット、続く8番佐藤もレフトにタイムリーヒットを放ち、2得点をあげて5vs2と再び突き放す。

その裏、東北もまた2本のヒットでワンアウト1、2塁のチャンスを作るが、4番藤木、5番斉藤が倒れてしまい、この回は無得点に終わる。

ピンチの後にチャンス有り。

直後の6回表、大社高校はワンアウトから2番槙野がレフト前ヒット。

だが、この打球をレフトの阿相が失策してしまい、槙野は一気に3塁ベースを踏んだ。

この拾ったチャンスに3番石飛がきっちりスクイズを決めてダメ押しの6点目をあげた。

しかし、その6点目をダメ押しにさせたくない東北高校はその裏、ワンアウトから7番斉藤がサードゴロエラーで出塁すると8番中山がレフト前ヒット。

9番北田が倒れてツーアウトとなったが、1番星がレフト前にタイムリーヒットを放ち、1点。

続く2番志田も甘く入ったストレートを強振すると、打球は右中間に運ぶタイムリースリーベースヒットとなり、この回3点目で1点差。

しかもツーアウトながらランナーは3塁と、一気に同点のチャンス。

しかしここは森井が踏ん張り、3番松岡をサードゴロに打ち取って同点は阻止した。

予想外の点の取り合いに、終盤はもつれ合いになるかと思われたが、東北の2番手ピッチャー平尾が好投を見せ、大社打線に的を絞らせない。

対して中盤に集中打を浴びた森井も立ち直り、お互いにランナーを出さないピッチングで試合はこのまま6vs5で決着した。

大社高校はベスト8進出を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

まさに実力伯仲の対決でした。

1回戦ではなかなか点を取れなかった大社が防御率の良い北田投手を見事に攻略しましたね!

次戦は池田高校の水野投手との対戦です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ