高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】2回戦 報徳学園vs佐世保工業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年春センバツ】2回戦 報徳学園vs佐世保工業|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会2回戦 報徳学園vs佐世保工業

大会第7日目の第3試合は、初戦でレベルの高い投手力を見せた

両高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

投手戦の予想

大会第7日目の第3試合は、初戦でレベルの高い投手力を見せた両高校の対戦となった。

佐世保工業のエース香田は、1回戦の星林高校戦で散発5安打の完封シャットアウトを見せた。

対する報徳学園のエース岡本は初戦の桐蔭高校戦で全てシングルヒットの被安打6本、失点1という内容であった。

大会初日にあった久留米商業の山田と宇部商業の秋村のような、力のあるエース同士のような投手戦になるだろうと言うのが大方の予想であった。

ただ、報徳学園には今大会でも1回戦で見せたような、「逆転の報徳」という代名詞が存在するため、やや報徳学園の総合力が上と見られていた。

素晴らしい出来映え

先攻は報徳学園から始まった。

初戦で5安打完封したとは言え本調子では無かったと言っていた香田の立ち上がりは、1番梶本を三振、2番青山を三振、3番谷川をも三振と、3者三振という絶好の立ち上がりを見せた。

対して岡本もその裏、1番川添をサードゴロ、2番山下をピッチャーゴロに抑えると3番田渕を三球三振というこちらも素晴らしい立ち上がりを見せた。

2回表の報徳学園、この回の先頭は4番エースの岡本が打席に入った。

こういったエース同士の対決も野球の醍醐味の1つである。

岡本は香田の伸びのあるストレートを上手くレフト前に流し打つヒットで出塁。

しかし、5番永山をピッチャーゴロに仕留めると6番乾をキャッチャーゴロ、7番正林をセカンドゴロに抑える見事な香田であった。

その裏の佐世保工業の攻撃は香田が打席にバッターボックスに入った。

香田はセンターオーバーのスリーベースヒットを放ち、自ら先制のチャンスを作る。

岡本の出来からして、得点のチャンスは多くないと見た佐世保工業はスクイズを頭に描いてあったのだろう。

続く五番碇野がセカンドゴロで倒れてワンアウト後、6番大浦がバントを外されて3塁ランナー香田が飛び出してしまい、痛恨のスクイズ失敗となってしまった。

佐世保工業は続く3回裏にも先頭の7番黒沢が三遊間に内野安打で出塁するも、8番里村がピッチャーゴロ、9番恋塚がサードゴロ、1番川添がセカンドゴロと外野へ打球を飛ばすことが出来ずにまたしてもノーアウトで出たランナーを生かせない。

破れない均衡

4回表の報徳学園はツーアウトから4番岡本がまたしても香田を捉えてセンター前ヒットで出塁する。

1人香田相手に奮起する岡本であったが、5番永山がピッチャーフライに倒れてしまい、あえなくチェンジ。

実に得点の匂いがしないまま序盤を終えた。

5回、6回とお互いにフォアボールのランナーを1人出した以外はノーヒットピッチングであり、また、お互いのエースの調子が落ちてない出来映えだったため、これは1点で試合の勝敗が決まる、いや延長もあるかも知れないと思って見ていた。

破れた均衡

そう思っていた7回裏佐世保工業の攻撃で、この回の先頭である3番田渕に岡本がデッドボールを与えてしまう。

続く香田のファーストゴロの間にランナーは2塁に進む。

ワンアウトランナー2塁で5番碇野は岡本のストレートを弾き返し、センター前にタイムリーヒット、ついに均衡が破れた。

緊張の糸が切れた岡本であったが、このランナー碇野を牽制でアウトに取ったのはさすがであった。

少し疲れの見え始めた岡本は6番大浦、7番熊沢に連打を浴びるが、8番里村を三振に抑えて1失点で凌いだ。

直後の8回表も香田は三者凡退に抑えて反撃のムードを作らせない。

その裏、岡本もツーアウトから2番山下にフォアボールを与えるも、盗塁を阻止して最終回に向かう。

逆転の報徳は最終回、1番からの好打順。

しかし1番梶本、2番青山、3番谷川とまさかの3者連続三振に斬って取られてゲームセット。

香田は岡本に許した2本のヒットのみに抑える2試合連続シャットアウト勝ち。

虎の子の1点を守り、1vs0で佐世保工業がベスト8進出を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

後にして思えば、両投手ともプロ入りするほどの実力を持っていましたから素晴らしい投手戦になるのは明らかだったんですね!

香田投手は夏も甲子園で完封勝利をあげました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ