高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

眼鏡の度数が強いと起きる影響とは?

      2016/02/02

眼鏡の度数が強いと起きる影響とは?

眼鏡の度数はそれぞれの眼にあっていないと

眼によくない影響を及ぼす場合もあります。

疲れ目なども軽視せず気になったら眼科へ行きましょう

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

眼鏡の度数が強すぎると眼の筋肉が疲れる

――眼鏡を新調するとき、眼科医に、度数を少し弱く調節しようと言われました。なぜでしょうか?

石岡先生 眼鏡には「近視用」、「遠視用」、「老眼用」の3種類があります。近視の場合は、今後の進み具合を危惧(きぐ)して強過ぎない度数に合わせるのが普通です。

近視用の眼鏡は、遠くがよく見えるように作りますが、度数が強いと、近くを見るときにより強い力で目のピントを合わせなければなりません。そうすると、ピントを合わせる筋肉が疲れるのです。

日常生活では、遠くを見る、近くを見るを繰り返すので、度の強い眼鏡をかけるということは、常に目を緊張させている状態になります。

――「強過ぎない」とは、具体的にどの程度の度数なのでしょうか?

石岡先生 夜間に車を運転される方は、ずっと遠くを見るために、両目で視力「1.2」まで見える度数にすることがあります。しかし、現代人はどちらかというと本やパソコン、スマートフォンなどと近くを見る方が多いので、夜間の運転など特殊な事情がない場合は、両目で「1.0」が適切な度数です。

――年齢によって、適切な度数に違いはありますか?

石岡先生 若いときは、ピントを合わせる調節力が高いので、遠くを見たあとにすぐに手元を見ても、わりと簡単にピントを切り替えることができます。調節力は年齢とともに少しずつ弱まってきて、40歳前後から、近くが見えづらくなる老眼が始まります。

老眼ではすぐにピントを合わせられないので、見え方のバランスを確認しながら、1.0よりもう少し見え方を弱くして疲れを予防することも多いですね。

――では、若い世代は、多少度数が強くても問題はないということでしょうか?

石岡先生 調節力が高いという意味では、若いうちは度数の強い眼鏡に耐えられるとも言えます。とはいえ、20代・30代でも見え方によって目の筋肉は疲れますし、1.0程度に矯正する方が楽だと思います。1.0であれば、おそらく日常生活で困ることはないでしょう。

30代の方に眼鏡の度数を弱くするようにアドバイスすると、「老眼だからですか?」と驚かれることもありますが、その時点ではまだ「老眼」だと診断しているわけではありません。度数が強過ぎることによって起こる目の疲れは、「レンズの過矯正(かきょうせい)による」と説明しています。

引用元-眼鏡は見え過ぎない方がいい?眼科医に聞く、正しい度数の選び方「両目で1.0が適切」 | 「マイナビウーマン」

掛けづらいメガネは様々な悪影響がある

視力が得られている場合に多いのですが、メガネを掛けた時の違和感を許容してしまう方も多いですが、その違和感はメガネを掛けた時に目や身体に負担をかけ続けることになります。

頭痛などの体調異常

度数の強いメガネを使用して頭痛、肩こり、眼精疲労、吐き気などの症状を訴える方もいます。

近距離を見る際に目の負担になる

近視のメガネは基本遠くを見やすくするメガネですので手元を見る時は自身の調整力を使ってピント合わせをします。

度数が強い場合、その強い分、より多くの調整力を必要とします。目の疲れや頭痛の原因にもなります。

場合によっては負担がなるどころか手元が見づらい、すぐにピントが合わすことができないこともあります。

矯正視力が出にくくなる恐れ

これが一番深刻な問題で本来の適正な度数で矯正視力が出にくくなります。

視力はメガネを掛ければ必ず得られるものではありません。あくまで目の機能を補うものです。極力適切な度数で使用するようにしないと将来の視力まで保証されることはありません。

引用元-強めのメガネを使うと近視の度数は進んでしまうのでしょうか? | メガネと視力について

強すぎる近視の眼鏡に注意

自覚検査で赤緑表を見ていただき度数を割り出していきますが、数年近視の過矯正で度の強過ぎるメガネを掛けている人は、幾ら雲霧(毛様体を弛緩させるためプラス度数を掛け調節を除く作業) を掛け測定し、赤側に十分度数を弱めたにもかかわらず、矢張り毛様態に緊張が残り、合わせたときは赤側や赤=緑でもしばらくすると緑側に落ちている場合、即ち依然過矯正のままである場合が、現実には時々あります。

遠視の場合弱すぎる度数、近視の場合は強すぎる度数の場合、色の濃いサングラス同様、分からない間に眼精疲労を溜め瞳孔を押し広げさせ、眼の眼圧を調整する隅角という眼の中の水を排出する部分を閉じさせ、眼圧を高め緑内障に至らせ通院しているという場合がありました。

引用元-眼鏡度数の上げ下げ – 大阪市・眼科指定の眼鏡・メガネのホシノ・大阪府

度数の違う眼鏡を使い分けるのは大丈夫なのか

夜、雨天時などの運転用に普段よりも強い度数(1.0程度)のメガネを使っていますが、購入時にメガネ屋さんに確認した時は、用途に合わせて違う度数でも目には悪くないという説明でした。 (以前は同じ度数でないと目に負担がかかり、近視が進むのではないかと思っていましたが。)

引用元-眼鏡について。最近メガネを度の強いものに変えたのですがどうも慣れません。… – Yahoo!知恵袋

疲れ目の原因 眼鏡があっていない?

度数の強い方で、乱視の強い方、左右差のある方
コンタクトレンズを試してみられるのも一案です。そして、どうしてもコンタクトレンズをつかうことが出来ず、また、眼鏡で適切な矯正が出来ない場合には、近視手術を考えてみるのも一案でしょう。ただ、近視手術には慎重であるべきで、もともとの近視の強さや角膜の厚さなどを測ってもらい、医師とよく相談して、施設を選んで受けられるようにしてください。

遠近両用眼鏡をご使用の方
遠用部と近用部をきちんと使い分けてこそ、値打ちがあるのですが、近用部を使って手元を見ているつもりが、いつのまにか、視線がずれてきて遠用部で見ていたり、あるいは、コンピューターをされるのに、遠近両用眼鏡を使っていると、遠用部で画面を見ていることになり、とても疲れます。中距離から近距離に焦点を合わせた眼鏡が必要です。書類を見たり、読書をしたりと、長時間手元を見ていることが多い方は、遠近両用よりも、近用単焦点の眼鏡つまり老眼鏡を使われるようにした方が楽な場合が多いです。 特に高齢者では、遠近それぞれの眼鏡は合っていてよく見えるはずなのに、遠近両用眼鏡では視力が出にくい方がよくおられます。単焦点のレンズに比べると、ピントの合う視野が狭く、見かたにコツがあり、高齢者ではうまく使いこなせていないことが多いようです。

引用元-眼精疲労 | たき眼科 一般眼科 緑内障 白内障 コンタクトレンズ 兵庫県 西宮市

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ