高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

子供の眼鏡と視力について

      2015/08/26

子供の眼鏡と視力について

子どもの視力は体の成長とともに発達します。

子どもの視力が低下してきた時は原因を解明し、

それに応じた正しい対処をしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

子どもの視力 小学校ではおおまかに選別

小学校では視力をA〜Dの4ランクで評価します。
以前は0.1刻みでしたが、平成4年の文部省令によって小学校の視力検査は現在のようなランク分けになりました。この理由は、こどもは目を凝らしてよく見ようとすると視力0.1や0.2程度はアップするため、短時間の検査では正確に測定するのではなく、だいたいの視力が判定できればよいと考えるからです。

保護者の方に注意していただきたいのは、お子さまの視力がBランクやCランクでも、近視とは限らないということです。乱視や弱視の場合もあり、遠視でも度数によっては視力が低くなります。
遠視や乱視があり、A・B・C・Dの評価以上に実際には見えていないケースもあります。小学校の視力検査で用紙をもらってきたときは自己判断せず、必ず眼科を受診されることをおすすめします。

引用元-こどもの目・おとなの目 | キクチのこどもメガネ | 眼鏡・コンタクトレンズ・補聴器の専門店

子どもの視力 どれくらいで眼鏡が必要か

『近視の児童生徒に眼鏡・コンタクトレンズを処方する際の裸眼視力は?』

という項目があり、

その結果は、

日常生活に支障をきたした場合に処方する(55%)という回答が一番多かったものの、視力別では

0.1以下・・・1%

0.3以下・・・8%

0.5以下・・・18%

0.7以下・・・11%

1.0以下・・・0%

という結果でした。

やはり、基本は日常生活にし支障をきたしたときです。

そのため学年によりこの基準は変わると思います。中学生と小学校の低学年では当然、視力による日常生活への支障度は変わると思いますが、視力で回答された結果ではもっとも多かったのは0.5以下、ついで0.7以下が多い結果となりました。

学校検診での評価では、これはC評価に相当します。
(学校での視力検査の結果。その評価の意味するところの詳細はこちら)

この結果からも、学校でC評価をもらってきたときにはそろそろメガネを考えてもよいと思います。

引用元-ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : 子供のメガネはどれくらいの視力から必要? 眼科医へのアンケート調査からわかったこと

子どもが近視になってしまった時の対処法は

① メガネはいつかけるのか?
近視では0.5以下になると教室の後ろから黒板の文字が見ずらいといわれています。これが一つの基準と考えられます。(ただし、同じ視力でも学年によってメガネの必要性は異なります)
よく『まだ小さいから』とか『女の子だから』と言って、まるでメガネをかけることがかわいそうと思われる方がいますが、視力が悪いと判断力が鈍り自分の能力を発揮できないこともあります。『見えない』と言わないからといって見えないままにさせておくことはもっとかわいそうなことかもしれません。
近視の初めてかける時や度数を上げる時に、急にかなり度の強いメガネにすると、クラクラしてかけられないことがあります。ですから、近視がかなり進行する前にメガネをかける、または取り替える必要があります。

② 近視のメガネはかけたり、はずしたりしてもいい?
近視でメガネをかけるようになった時、メガネを常時かけさせたほうがいいのか、必要な時にだけかけてもいいのか よく聞かれます。
この事を比較したデータがないので結論は得られていません。ただ近視は遠くの物が見えずらいので、メガネなしで何ら不自由がない時にははずしていても構わないでしょう。例えば家で勉強したり本を読む時などは、はずしてもよいでしょう。(ただし近視の程度のもよります)
その他『早くメガネをかけると視力が落ちる』と言われる方もいますがそのようなことはありません。メガネの装用と近視の進行に明らかな関係はありません。

③ メガネをかけた後の定期検査は?
近視は進行していくことが多いので年2回くらいの定期検査は必要でしょう。
一年間で結構近視が進むことがあります。あまり進行してめがねを取り替えるよりは、ある程度の所で変更していくほうがいいでしょう。

引用元-子供の近視について~札幌 新井眼科クリニック

子どもの視力低下 放置すると危険

視力低下は必ず進行します! 放置すると大変なことになります!

 初めてメガネをつくると、成長期の子供の場合は、半年から1年でレンズの度が合わなくなります。一般には、ほとんどの人が2~3年で新しいメガネをつくることになります。これは良く見える矯正レンズを長時間使用することも原因ですが、毎日の目の疲れが取れない状態のまま放置されることにあります。視力が悪くなると、目の疲れ、痛み、頭痛、眼からくる肩こり、その他、色々な不快症状が起こります。見えないことの不便さ、メガネをかけることの不便さ、さらにはメガネによる事故の可能性もあります。視力低下が進行し過ぎると、レンズでは十分な矯正視力が出なくなり、運転免許の更新ができなくなる方も見えます。また、強度近視の人は、眼の成人病といわれる緑内障、白内障、網膜剥離、眼底出血などの可能性もかなり高くなります。

   『大切な目です!メガネに頼り過ぎないようにしましょう』

やむを得ず使用するメガネもできるだけ軽い度のレンズにしましょう。
本の文字やパソコンのディスプレイなら見える方は、はずして作業しましょう。どうしても見えない強度近視の方は、左右0.5位の低矯正のレンズにします。(以前使用していたメガネでも可)
車の運転では左右0.7~0.8位のレンズにしても、両目で1.0位見えます。
できることなら使わずに済ませたいものです。

引用元-間違いだらけの視力の常識

増えている心因性視力障害

今まで視力がよかったのに、急に学校の検査で視力低下を指摘されて来院される方の中に、しばしば、眼に問題なく、本来なら1.0以上の視力が出て当たり前なのに視力が出ない子たちがいます。そういうお子さんの場合、近くの視力を測ると全く見えていない事が多いです。こういう場合には、心因性視力障害が疑われます。心因性視力障害とは、眼には視力低下をきたすような異常がまったくないにもかかわらず、視力検査で出るべき視力が得られない場合を言います。小学校低学年から中学生くらいの子供にみられ、以前はほとんどが女の子でしたが、最近時々男の子でもありますし、以前に比べて増えている印象を受けます。
 原因はその字のとおり、「心」にあります。本人は決して嘘をついているわけではないのですが、視力検査になると見えないのです。最近増えている原因のひとつは、メガネ願望です。昔と違って今の子供のメガネがファッショナブルになって可愛いことより、メガネをかけたいがために視力検査時に視力が出ないのです。こういう子は、視力検査のときに矯正レンズをあれやこれやと入れ替えているうちに視力が出ることが多いです。他には、家庭の事情、下に幼い弟や妹がいて親の愛情がそちらに向けられている不安とか、学校での友達との屈託、受験など、多岐にわたります。矯正で良好な視力が得られない場合もしばしばですが、日常生活に支障はきたすことはほとんどありません。
 治療は、基本的には経過観察です。よほどの場合や、親御さんからの強いご希望があれば、小児眼科の専門医や、カウンセリングをしてくれそうな医療機関などご紹介させていただきますが、たいていは、数ヶ月から2、3年、心身の成長とともに解決されます。

引用元-子供の近視 | たき眼科 一般眼科 緑内障 白内障 コンタクトレンズ 兵庫県 西宮市

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ