高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】準々決勝 明徳高校vs佐世保工業 |白球の足あと

      2017/04/19

【1983年春センバツ】準々決勝 明徳高校vs佐世保工業 |白球の足あと

1983年 第55回選抜大会準々決勝 明徳高校vs佐世保工業

大会8日目の第4試合は2試合連続で大差勝ちをおさめた明徳高校と、

2試合連続でシャットアウト勝ちの佐世保工業の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

レベルの高い両エース

大会8日目の第4試合は2試合連続で大差勝ちをおさめた明徳高校と、2試合連続でシャットアウト勝ちの佐世保工業の対戦となった。

明徳高校は前評判以上の実力を発揮し、まだ底を感じない総合力の高さから優勝候補と呼ばれた昨年より強いのではないかと賞する声もチラホラ出ていた。

一方、佐世保工業のベスト8進出の原動力は何と言ってもエース香田である。

2試合で3得点と、決して当たってはいない打線をカバーするには充分過ぎる活躍ぶりであった。

対する明徳高校エース山本賢だって2試合でわずか失点1なのだから、全くひけをとらない。

両エースの実力からして投手戦になるとの予想であったが…。

明暗の初回

1回の表、明徳高校はトップの小谷の完全に打ち取られた打球をショートの大浦がいきなりエラー。

浮き足立つ佐世保工業ナインを尻目に2番横田がすかさず送りバントを決める。

こういった失策が失点に繋がると、試合の流れを左右する場合があるので、ここは踏ん張りたい香田であったが3番矢野が詰まりながらもライト前ヒットを放ち、明徳高校があっさり先制する。

2回にも明徳高校は先頭の6番和田直がライト前ヒットで出塁。

今日の香田は本人曰く投球練習の時から肩が張っていたと言うが、確かにキレが無かった。

ワンアウトから8番山本が送りバントを決めてランナー2塁。このように小技も上手いのが明徳高校の強味である。

キレが無い分、かわすピッチングで9番和田礼をサードゴロに抑えた。

その裏、香田はバットで見せた。山本のストレートをセンターへ弾き返すツーベースヒット。

5番碇野もサードへの内野安打で続き、ノーアウト1、3塁。

ここで同点を狙った6番熊野が初球をスクイズバントを試みるが、空振りとなりスタートしていた香田が挟まれてタッチアウト。

なんとも惜しい佐世保工業、そしてなんとも上手い山本賢のピッチングであった。

穴の無い明徳

3回表の佐世保工業の守備も不味かった。

ツーアウトを取ってから3番矢野の当たりをセカンド恋塚がエラー。

このランナーが盗塁を成功すると4番北野にタイムリーヒットが出て追加点。

エラーが失点に繋がる時ほど守備陣にはダメージこの上無いだろう。

キレが今一つで上手くかわしてるうちのエラー。

そしてシャープな振りの明徳打線は徐々に香田を捉えていく。

4回にもヒットで出たランナーをキッチリ送りバントで進塁させて、1番小谷がライト線にツーベースを放ちこれで4vs0。

点差が開くのは避けたい佐世保工業は5回の裏に先頭の6番熊野が右中間にツーベースで出塁すると、続く7番大浦の送りバントが内野安打となりノーアウト1、3塁のチャンス。

ここで8番里村のセンターフライの間に3塁ランナー熊野がタッチアップを狙うが、センター北野の素晴らしい返球によりダブルプレーを喫してしまう。

予想外の強さ

こうなると俄然、流れは明徳高校に片寄り、7回表には2番横田のツーベースヒットを足掛かりに、5回の守備で好返球を見せた4番北野のタイムリーヒット、6番和田直のライト線ツーベースヒットなどで一気3点を追加した。

前日からの連投による疲れが一気に香田を襲ったのか、それとも予想以上に明徳高校の総合力が高いのか。

筆者としては両方と見ていたが、それでも報徳学園を完封した香田から得点を重ねる明徳の強さに呆れるばかりであった。

8回にもエラーで出塁したランナーを確実に送りバントで進め、2番横田のタイムリーヒットで8点目を追加する。

9回までの攻撃で、毎回の13安打を香田に浴びせた明徳高校打線であった。

明徳のエース山本賢は、最終回のワンアウト満塁のピンチをものともせずに6番熊野をファーストゴロ、7番7番大浦をピッチャーゴロに仕留めて6安打完封。

予想外に8vs0という大差で明徳高校がベスト4進出を決めた。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

2試合連続完封中であった香田投手がここまで失点するとは思いませんでしたね。

残念な失策があったとは言え、明徳の総合力の高さにレベルの違いを感じました。強い明徳、次は池田戦です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ