高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

ただの虫刺され?痒いより痛い、チクチク刺すような痛みなら危険?

      2015/08/26

ただの虫刺され?痒いより痛い、チクチク刺すような痛みなら危険?

虫刺されで痒みではなくチクチクと痛むような

感覚を感じたことはありませんか?

ただの虫刺されと考えず、正しい知識を身につけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

虫刺されチクチク痛む原因として考えられるのは

「犯人」は、多くの人がもっている「水ぼうそうウイルス」

帯状疱疹は、ウイルスによって起こる病気ですが、人からうつされる病気ではありません。犯人は、子どもの頃にかかった水ぼうそう(水痘・すいとう)のウイルス(水痘帯状疱疹ウイルスといいます)。この水ぼうそうを起こしたウイルスは、病気が治ったあとも、脊髄から左右に出ている知覚神経に潜み、何かのきっかけで活性化して「帯状疱疹」という病気を発症させます。
きっかけとなるのは、免疫力の低下。たとえば疲れや睡眠不足、病気などで体の抵抗力が落ちているときに発症しやすくなります。
現代人は総じて疲れていますが、仕事、仕事でストレスフルな毎日を送っている人は要注意です! また、薄着で体を冷やしたり、十分な栄養が摂れていないときも体の免疫力が落ちるので注意しましょう。
チクチクするような痛みと、赤い発疹。顔や体の片側にできるのが特徴

帯状疱疹は、多くは最初、ピリピリ・チクチクする痛みから始まります。やがて赤い虫さされのような発疹ができてそれが小さな水疱(水ぶくれ)となります。一般に水疱は帯状に広がっていきますが、必ずしも帯状に広がらないこともあります。
通常、水疱は神経に沿って体の片側に広がります。よくできるのは、胸から背中、おなかなどの体幹部ですが、顔や手足にできることもあります。
水疱は、やがてかさぶたとなって治ります。赤い発疹ができて治るまでに平均で19日程度かかります。

引用元-帯状疱疹 | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス

帯状疱疹は人にうつるのか

うつる時には、罹った事のない人に水ぼうそうとしてうつります。帯状疱疹そのものはうつりません。

帯状疱疹の発疹に、触った手で、他の人の肌に触れる接触感染。空気感染をする場合もあります。

みずぼうそうは接触から、2~3週間で起こります。一番心配なのは、水ぼうそうに罹った事のない子供たち。特に乳児は、抵抗力がありません。

水ぼうそうの経験のない、妊婦さんも注意が必要。妊娠中は水ぼうそうが重症化することも、考えられます。

すべての水泡が乾いて、かさぶたになるまで感染の可能性が、あります。この間は特に乳児のお世話はNGです。

水ぼうそうの、経験がなく、帯状疱疹だけを発症した人は、珍しい例のようですが、水ぼうそうにかかる事はありません。帯状疱疹の発症は水ぼうそうに罹った事と、同じです。

6〜7人に一人は、発症する帯状疱疹。予防は免疫力の維持。バランスのよい食事、適切な運動で自分の体を守りましょう。そしてうつることは、覚えておいて下さいね。

引用元-帯状疱疹の症状は? 周りの人にうつるのはホント!? | acestrategy.jp

帯状疱疹の発症原因と見極め方

帯状疱疹の原因である水痘ウイルスは身体に存在していますので、いつ活動を活発化させるか分かりません。しかし、活動再開にはいくつかのきっかけがあるように思えます。

・仕事や学校などで過度のストレスを受けていることは、免疫力の低下を招きウイルスの活動を再開させるきっかけになります。
・帯状疱疹は年配の方に多く発症が見られるようです。50歳以上から注意が必要です。

・手術後や慢性的な病気で体力が低下した人に多く発症が見られます。

・身体の疲れが原因で発症します。過度な運動やレジャーによる疲れが原因で免疫力が低下すること要因となります。

特に最近の若い世代に多いきっかけはストレスと言われており、会社や学校の人間関係や上下関係が大きく影響しているようです。ストレスを感じない生活を送ることが、ウイルスを活性化させない方法でもあるのですね。

帯状疱疹は発症初期に抗ウイルス薬を使用することで、症状を軽くすることが可能です。帯状疱疹は「筋肉痛、神経痛」「虫刺され、かぶれ」と勘違いする人も多く、早期治療が困難なケースが見られます。

上記に記載したきっかけに心当たりがあり、痛みを伴う赤い発疹が出た場合には帯状疱疹の疑いがありますので、至急専門医を受診されることをオススメします。

引用元-その痛み原因を勘違いしてませんか?間違えやすい帯状疱疹の見極め方 | 健康生活

チャドクガに刺されるとチクチクした痛みがある

ドクガ類(ドクガ、チャドクガ、モンシロドクガ)は幼虫、成虫共に毒針毛を持ち、成熟成虫では毒針毛の数は60万本以上になる。幼虫は10回以上脱皮するが、脱皮殻や卵にも毒針毛がある。接触すると毒針毛(約0.1mm)は容易に皮膚に刺入して、この毒成分がアレルギー反応を生じて皮膚炎が誘発されます。
被害の多いのは本州以南に生息するチャドクガで、椿、山茶花、茶などを食草とし、4-6月と7-9月の年2回孵化するので、この時期に皮膚炎の被害が多いです。
臨床症状は、毒針毛に刺された部位にまもなくチクチクした痛みや痒みを感じることが多く、時に数分後に膨隆を認めることもあります。接触数時間後には掻痒を伴う紅色丘疹が目立ち始め、丘疹は一部集簇して、周辺に散布しているのが特徴です。その後、衣類に付着している毒針毛が接触により範囲が拡大したり、掻破などで毒針毛が折れて、折れた毒針毛がさらに周囲に拡散して症状範囲を拡大することが多いです。夏季では幼虫に触れる機会が多い四肢や頚などの露出部位に出現しやすいが、幼虫の見られない季節でも庭木に固着している脱皮殻や卵に触れた場合や、灯火に飛来した成虫に触れた場合にも皮膚炎を生じることがあるので注意が必要です。
治療は、チャドクガに接触後1日以内であれば患部の毒針毛を粘着テープで出きるだけ除去します。症状に気付かず病変が進行してきたときはステロイド外用を行いますが、数日間は症状が悪化したり改善に乏しいこともあるので、多少の我慢も必要になります。その後は徐々に症状は軽快してきますが、掻痒が強いときは抗アレルギー剤内服して症状が改善することが多いです。

引用元-虫刺症(虫刺され)|皮膚疾患 症状 対策 治療|品川シーサイド皮膚・形成外科クリニック|品川区 皮膚科 美容皮膚科 形成外科

じんましんでチクチクした痛みを感じることも

どんな病気?
「外部から受ける何らかの刺激(圧迫や接触、温かさ、冷たさなど)」「発汗」「ストレス」「アレルギー」「日光」「薬剤」「疾患」「植物」など、さまざまな要素が原因となって、血管から血液の成分が周りに染み出て皮膚が膨らんだり、皮膚が赤くなったり、神経が刺激されてかゆみが起こったりする病気です。原因がはっきりしないことも多く、また症状の出方もさまざまです。原因にかかわらず、皮膚の血管の周りにある「マスト細胞」という細胞から出されるヒスタミンという物質がこうした症状を引き起こしています。

症状は?
突然、皮膚に、蚊に刺された時のような盛り上がり、ブツブツなどが現れ、たいていの場合強いかゆみを感じます。チクチクした痛みや熱さを感じる場合もあります。多くの場合は数分~数時間で消えますが(急性蕁麻疹)、顔などに生じた場合は、1日近く続く場合もあります。また、蕁麻疹が出たり、ひっこんだりして、症状が数日続く場合もあります。便宜的に症状が1ヶ月以上続くものを慢性蕁麻疹といいます。

治療方法は?
原因がわかっている場合はまずそれを排除したり避けたりすることが第一です。なんらかの病気やアレルギーが原因の場合は、その治療を行います。 かゆみなどの症状を抑える治療(対症療法)には、ヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミン薬や、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を使います。

生活で注意することは?
●原因が何かを、専門医に受診してよく調べてもらいましょう。原因がわかれば、生活の中からそれを取り除いたり避けたりすることで、ほとんどの場合、発症を防ぐことができます。しかし、原因がはっきりするのはほんの一部です。大部分の患者さんは自然に蕁麻疹が出なくなるのが普通です。

●蕁麻疹は自然に消えますので、掻きこわすとあとが残ります。掻かないようにし、薬でかゆみを和らげましょう。

引用元-診療案内 | 名古屋市西区の 皮膚科 形成外科 アレルギー科なら 大野皮膚科

twitterの反応

 - アウトドア, 生活ハウツー

ページ
上部へ