高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 星稜vs熊本工業|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 星稜vs熊本工業|白球の足あと

1983年 第55回春のセンバツ大会1回戦 星稜vs熊本工業

第1日目の第2試合は九州の熊本県の熊本工業と北陸は

石川県の星稜という名門高校の対決であった

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

名門対決

第1日目の第2試合は九州の熊本県の熊本工業と北陸は石川県の星稜という名門高校の対決であった。

熊本工業は派手さは無いが出塁したランナーを確実に送り、チャンスを物にする伝統高校らしい野球をするチームで、作夏もベスト8の成績をおさめていた。

対する星稜はエースで4番の荒山を中心に、1年生ながら名門・星稜のショートの座を掴み、スイッチヒッターとして秋の成績打率463を残した注目の湯上谷がいた。

他に特筆すべきはクリーンアップが荒山を含み3人とも4割であり、4割打者が4人もいる星稜の打線であろう。

ただ、荒山は投手としては立ち上がりにやや不安があり、熊本工業としては早いイニングに得点を重ねて星稜の焦りを誘い込み、自分たちのペースで守り抜く試合を作りたい所であったろう。

試合は熊本工業が先行で始まった。

動く序盤

1番内村を三振、2番藤本をショートゴロにおさえた荒山であったが、3番野村に内野安打を打たれると、ランナーに気を取られたのかコントロールが乱れ、4番平畠にデッドボールを与えてしまう。

ツーアウトながらランナーを1、2塁に背負い、5番大椛にライト前に快打を放たれる。

その打球をライトを守る正田が失策している間にランナー2人が一気にホームインし、熊本工業としては願ってもいない先制点が2点も入った。

その裏の星稜もツーアウトながら1、2塁にランナーを置くチャンスを迎えたが、5番の仁尾がピッチャーゴロに倒れてこちらは無得点となった。

2回終了して2vs0とした熊本工業は、3回表に三番野村にレフトへのツーベースヒットが飛び出してチャンスを作る。

そして4番の平畠、5番の大椛に連続でヒットが生まれ、もう1点を追加し3vs0と絶好の試合運びを見せる。

これで逆に力みの入った熊本工業のエース高村は、3回裏にずば抜けたセンスを持つトップバッターの湯上谷に甘く入ったストレートをセンターオーバーに運ばれる。

走攻守に優れた湯上谷だけに快足を飛ばしスリーベースヒットとなった。

これに動揺したのか続く2番川村に四球を与えてしまう。

そして3番の神にまたしてもセンターオーバーのスリーベースヒットを打たれてしまう。

こうなると元気になった4番の荒山がライトへツーベースヒットを放ち同点。

ここでまだノーアウトでランナ1、2塁の星稜は5番仁尾、6番安江が連続でバントを決めて逆転となる4点目をあげた。

続く4回裏にも星稜はこの回の先頭バッター布施がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず9番清水が送りバントを決め、湯上谷の四球のあとに3番の神に再びタイムリーが出て5vs3と試合の波を完全に引き寄せた。

これで荒山のピッチングに流れがついたのか4、5、6回を無失点で切り抜けた。

能率の差

6回の裏にも星稜はこの回の先頭9番清水がフォアボールを選び、続く湯上谷がレフト前ヒットでチャンスを広げる。

ワンアウト後に3番の神がフォアボールを選び4番荒山がライト前にタイムリーヒットを放ち、この回だけで都合3得点を追加する。

熊本工業のエース高村は与四死球が7個と、力みにより本来の力を発揮してはいなかったのだろう。

7回表に熊本工業は2番藤本がライトへツーベースヒットで出塁し、続く3番野村にこの日3本目となるタイムリーヒットが出て7対4と反撃する。

が、熊本工業の反撃はこれまでであった。

そして8回裏の星稜の攻撃に対し、熊本工業はエース高村に代わり2番手の田崎、3番手乙丸とマウンドに上がったが共に制球が定まらず、合計5つとなる四死球を足掛かりに3得点を与えてしまう。

星稜のエースで4番荒山はこの試合も3打数2安打と活躍したが、8回の打席で頭部にデッドボールを当てられるアクシデントもあったが、幸いに大事に至らなかったのが何よりであった。

デッドボールの荒山に大事をとり、最終回には星稜2番手ピッチャーの松島がマウンドに上がった。

松島は1本ヒットを許したものの、最後のバッター平畠を三振で切り抜けお役御免。

ここに星稜の勝利が決まった。

両チーム共に同じ9安打であったが、スコアは11vs4という星稜のワンサイドゲームであった。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

流れの中で展開は変わるけれど、星稜の各バッターのスイングが鋭くていつか爆発するのではないかと見ていたら案の定火がついたゲームでした。

湯上谷選手のセンスが際立っていました!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ