高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 横浜商業vs鹿児島実業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 横浜商業vs鹿児島実業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 横浜商業vs鹿児島実業

大会1日目の第1試合、いわゆる開幕試合は横浜商業と鹿児島実業の

対戦となった。

この年の春の選抜大会で準優勝した横浜商業はさらに総合力に磨きをかけ、

この夏の選手権大会でも優勝候補の一角として甲子園に乗り込んできた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

また開幕試合の横浜商業

大会1日目の第1試合、いわゆる開幕試合は横浜商業と鹿児島実業の対戦となった。

この年の春の選抜大会で準優勝した横浜商業はさらに総合力に磨きをかけ、この夏の選手権大会でも優勝候補の一角として甲子園に乗り込んできた。

もちろん実力はAクラスとして。

ちなみにこの選手権でAクラスと評価されたのは横浜商業、中京高校、箕島高校、広島商業、池田高校、高知商業、興南高校の7校であった。

鹿児島実業も九州の春季大会を制している実力高校であったが、総合力に長けていながら春から更に得点力が数段アップした横浜商業の優位は変わらない、というのが戦前の予想だった。

さすがのY校

開幕試合ならではの独特の雰囲気の中、横浜商業の攻撃が始まった。

選抜でも開幕試合を経験している横浜商業は、いきなりトップの西村がセンターオーバーのスリーベースヒットで出塁する。

続く信賀がフォアボールで出塁すると、3番高井がキッチリ犠牲フライを上げて横浜商業があっさり先制点をあげる。

続く4番佐藤利がレフト前ヒットでチャンスを広げると、中村が左中間を深々と破るタイムリースリーベースヒットで続き2点を追加。

さらに6番佐藤道のセカンド強襲ヒットで追加点、横浜商業は目の覚めるような攻撃で初回に4点を先取した。

その裏、三浦投手の立ち上がりは1番平山を三振に斬ると、2番矢野をセカンドゴロ、3番前田をショートフライと三者凡退に抑える。

この初回の攻防で早くも横浜商業の快勝と思った人は少くないだろう。

横浜商業ペースではあるが…

いきなり4点を失った鹿児島実の竹之内は2回表、ツーアウトから三者に連続フォアボールを与えてしまい、満塁のピンチ。しかし5番の中村が大振りしてレフトフライに倒れると、竹之内は徐々に本来の粘りのピッチングを取り戻す。

4回表にも先頭の9番林にフォアボールを与えてしまい、トップの西村が送りバントを決める。

甘く入った所を2番信賀にセンター前に運ばれるが、ランナー林が素晴らしい鹿実の中継プレーにより走塁死となる。

5回表にも横浜商業は、5番中村のライト前ヒットを6番佐藤道が送り、ワンアウト2塁のチャンス。

7番三浦がフォアボールで歩いたが、8番森屋、9番林が共に早打ちのセンターフライに倒れてしまい、なかなか追加点の奪えない横浜商業であった。

鹿実の反撃

5回を終わって鹿児島実業打線は三浦投手にパーフェクトに抑えられていたが、ツーアウトから9番下園がチーム初ヒットをライトへ放つ。

快速の下園は盗塁に成功し、ツーアウトながらスコアリングポジションに初めてランナーを置いた。

ここで1番に戻り、トップの平山が上手くライト前にタイムリーを放ち、快速の下園が生還して反撃の1点を返す。

しかし、セカンドベースを欲張った平山をアウトにした横浜商業の守備陣はさすがであった。

続く7回にも3番前田がライト前ヒット、4番阿久根がショートへの内野安打を放つが、続く村田の打球はショートへのゴロとなり、おつらえむきのダブルプレーとなった。

しかし6回からは鹿児島実業の方が安打数が多くなり、三浦投手を捉え始めている証左でもあった。

冷や汗の1回戦突破

横浜商業の攻撃がやや淡白になり追加点は入らなかったものの、三浦投手の実力からしてこのまま試合が終わると思われた最終回、鹿実はワンアウトから1番平山がサードへの内野安打で出塁する。

2番矢野がレフト前ヒットで続くと、3番前田がフォアボールとなりワンアウト満塁のビッグチャンスを迎える。

しかし頼みの4番阿久根の当たりはピッチャーゴロ。

三浦投手から森屋捕手へツーアウト、森屋捕手から一塁手佐藤道へでダブルプレーと思いきや森屋の送球が逸れて1塁セーフ。

この間にセカンドランナーの矢野が一気にホームインする好走塁を見せて鹿児島実業は1点を返して2点差とした。

なお、ツーアウトランナー1塁2塁とした鹿実は思いきったダブルスチールを成功させ、ランナーを2塁3塁と進塁させた。この一打同点のチャンスに5番村田の打球は悔しくもキャッチャー前のゴロ。

誰もが試合終了と思ったその矢先、森屋捕手の送球はまさかの悪送球となって2者生還4-4の同点となった。

思わぬ失策があったとは言え、土壇場で追い付かれた三浦は動揺を隠せず、6番上釜に投じたカーブが甘く入り、センター前に運ばれてしまう。

見ている観客側はY校サヨナラ負けか、と思ったが、セカンドランナー村田は三塁ストップ、横浜商業は肝を冷やした。

続く重田を冷静にショートフライに打ち取った三浦であったが、マウンドで大きな溜め息をついていた。

延長に入り、直ぐ様10回表に自力で勝る横浜商業はツーアウトでヒットで出た三浦を置いて9番林のタイムリースリーベースヒットで勝ち越す。

ここで鹿児島実業も力尽きたように見えた。

そしてその裏を三浦が丁寧なピッチングで三者凡退に抑え、横浜商業が薄氷の勝利を5vs4で飾った。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

初回の攻防でさすがY校、勝負あったと思った高校野球ファンが山ほどいたのでは無いでしょうか?

それが最終回にサヨナラ負けのピンチを迎えるのですから高校野球は本当に面白いですね!

横浜商業の地力は流石です。この試合はやや攻撃が淡白でしたが春よりもパワーアップを感じましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ