高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 八戸工大一高校vs中津工業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 八戸工大一高校vs中津工業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 八戸工大一高校vs中津工業

大会第2日目の第3試合は、両高校が共に初出場というフレッシュな

組み合わせとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

互いに初出場

大会第2日目の第3試合は、両高校が共に初出場というフレッシュな組み合わせとなった。

青森県代表となった八戸工大一高校は、青森県大会を強打で勝ち上がってきた。

準々決勝の板柳高校戦で6回コールドの9-1、準決勝の木造高校戦で7回コールドの9-1と猛打で完勝した。

決勝の八戸高校戦においては8回に2点を勝ち越される厳しい展開であったが、その裏に自慢の攻撃力で一気に4点をあげて逆転勝ちした。

この攻撃力に青森県勢44年ぶりの初戦突破の期待は高まった。

一方、大分県を初めて制した中津工業は、激闘を勝ち抜いてきた。

準決勝の佐伯鶴城戦は延長11回にようやく勝ち越し、決勝の国東高校戦においては1-0で甲子園の切符が見えた9回裏に追い付かれ、延長10回に1点を勝ち越すものの、その裏にまた追い付かれる粘り合いの展開であった。

しかし直後の11回に勝ち越した中津工業は、見事に初出場を決めたのである。

そんな両高校は初めて踏む甲子園の土の上で、どんなプレーを繰り広げてくれるだろうか。

静かな序盤

立ち上がりに気を付けたいと話していた中津工業エース大成は1回の表、外角低めを意識したピッチングで1番山田をファーストゴロに仕留めると、2番近藤をピッチャーゴロ、3番竹高をセカンドゴロと、三者凡退に抑える堂々のマウンド捌きを見せた。

その裏、八戸工大一のエース外里は先頭の右田にいきなりセンター前にヒットを打たれると、2番堂上の送りバントを外里がセカンドへ思い切ってフォースアウトを狙うもフィルダースチョイスとなり、ノーアウト1塁2塁のピンチを迎える。

続く3番浦岡の送りバントはファーストへ送球しランナーを進められるものの、1つアウトを取った事で冷静になった外里は4番都築をショートゴロ、5番の大成をセカンドゴロに抑えて立ち上がりを無得点で凌いだ。

このあと、両エースが打たせてとるピッチングで打者を上手くかわし、4回終わって0-0と序盤は淡々と過ぎて行った。

青森県勢3年ぶりの得点

試合は中盤に差し掛かった5回の裏に動いた。

中津工業、この回先頭の7番笹原のレフト前ヒットを皮切りに、8番東の送りバントのあと9番奥下がライト前ヒットでチャンスを広げると、続く1番右田にサードへの内野安打が生まれて中津工業が均衡を破った。

しかし青森県代表が弘前工業、東奥義塾、木造高校と、このところ3年連続で完封負けをしているだけに県内では強打で知られた八戸工大一としては黙っていられない。

6回の表、ツーアウトから3番竹高がセンターオーバーのスリーベースヒットで出塁すると、4番大石の打球をセンターがエラーして同点。

続く5番向井がレフト前ヒットを放つと6番最上のレフト線へのタイムリーヒットで八戸工大一が逆転に成功した。

後は三沢高校以来となる勝利をものにしたい所であるが、その裏すぐにデッドボールで出したランナーを8番東のタイムリーツーベースで還され、2-2の同点で終盤を迎えた。

青森県勢に遠い白星

7回裏、中津工業はワンアウトから2番堂上がライト前ヒット、3番浦岡のレフト前ヒットでチャンスを作ると4番都築のタイムリーヒットで勝ち越し。

続く大成のスクイズが決まったあと、7番笹原にツーベースヒットが飛び出すなど一挙に5得点をあげて外里投手をマウンドから降ろした。

8回の裏にも4番都築にタイムリースリーベースヒットが飛び出してダメ押しとなると、6回以降も淡々としたピッチングで得点を許すことの無かった大成投手は最終回も三者凡退に抑え、試合は8-2で中津工業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

八戸工大一高校としては、ノーアウトからの出塁が1度しかなかったのが痛かったかも知れませんね。

中津工業の打線がストレート狙いに切り替わった6回に試合が動くという、まさに作戦のはまったゲームでした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ