高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 黒沢尻工業vs佐世保工業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 黒沢尻工業vs佐世保工業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 黒沢尻工業vs佐世保工業

大会4日目の第1試合は、岩手県大会を勝ち抜いた黒沢尻工業と選抜

ベスト8の佐世保工業の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

共にエースが中心

大会4日目の第1試合は、岩手県大会を勝ち抜いた黒沢尻工業と選抜ベスト8の佐世保工業の対戦となった。

岩手県予選では高田高校、盛岡工業、花巻東、市立盛岡、黒沢尻工業の5つの高校が群を抜いて凌ぎを削っていた。

その中を勝ち抜いてきた黒沢尻工業は、準決勝で花巻東戦を4-0、決勝でも盛岡工業戦を7-0と、優勝候補同士の争いを制してきたのだから文句なしの県代表と言えるだろう。

特に終盤の2試合連続シャットアウトのピッチングを披露したエース細越は、打撃力でもチームの中心となるので注目の的であった。

対する佐世保工業は、選抜でもベスト8に入った実力をそのまま発揮して長崎大会を制した。

準々決勝の海星高校戦を8回コールドで8-1、準決勝の佐世保実業戦を5-2と、甲子園常連組を一蹴すれば長崎県に怖いものはない。

決勝の五島高校戦でも4-0と快勝、香田投手はノーヒットノーランで花を添えた。

このように、共にエースがチームを引っ張る両校であるが、3季連続出場となる経験値から佐世保工業が有利と予想された。

エースで4番の香田

1回の表、一泡吹かせたい黒沢尻工業は、ワンアウトから2番斎藤の内野安打で出塁する。

しかし3番千田がファーストゴロに打ち取られてダブルプレーとなり、先制チャンスとは成らなかった。

その裏、佐世保工業は簡単にツーアウトを取られたあと、3番田淵がデッドボールで出塁する。

微妙な判定でのデッドボールに動揺したか、ピッチャーで4番の香田へ投じた球がパスボールとなり、ランナーは2塁へ進塁した。

この拾ったチャンスで香田がきっちりとレフト前にタイムリーヒットを放ち、佐世保工業が1点を先制した。

自らタイムリーを放つ香田がピッチングにリズムが生まれ、この1点が黒沢尻工事にとって重い重い1点となる。

遠いホームベース

2回表、黒沢尻工はツーアウトから6番虻川がフォアボールで出塁すると、7番細越がセカンドを襲うヒットで続いた、かに見えたが、ランナー虻川が守備妨害でアウトになり、チャンスとはならず。

その裏、佐世保工業もワンアウトから8番里村が左中間にツーベースヒットを放つが、細越が踏ん張り追加点を与えない。

4回表、黒沢尻工業はツーアウトランナー2塁のチャンスで5番高橋がレフト前ヒットを放つが、当たりが強すぎてランナーは3塁ストップ。

続く6番虻川に期待が集まったが、香田のストレートにバットは空を斬った。

5回の表にも黒沢尻工業は、ツーアウトランナー2塁から突如香田が乱れ、1番本田にデッドボール、2番斎藤がフォアボールとなり満塁のチャンスとなるが、3番の千田がショートゴロに倒れて同点とは成らなかった。

佐世保工業の野球

1-0のまま試合は終盤7回裏、追加点の欲しい佐世保工業は、デッドボールで出たランナーを1塁に置いて9番の恋塚が送りバント。

この処理を焦ったピッチャー細越のまずい守備でランナーは3塁に進む。

このチャンスに1番川添がきっちりスクイズを成功させて待望の2点目を追加する。

もうあとが無い黒沢尻工業は、8回の表ワンアウトから3番千田がレフト前ヒットで出塁すると、4番菊地も続いてライトにヒットを放つ。

しかし、代走で1塁にいた及川が3塁ベースを欲張り、タッチアウト。続く高橋もサードゴロに倒れ、またしても無得点に終わった。

最終回、意地を見せたい黒沢尻工業であったが、香田には通用せず6番虻川がサードゴロに倒れてワンアウト。

続くピッチャー細越、代打の小原と連続三振にとって斬られて締めくくられた。

少ないチャンスをものにして、香田が抑えるという実に佐世保工業らしい戦い方であった。

試合はそのまま2-0で佐世保工業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

ヒットは佐世保工業が7本、黒沢尻工業が8本と、勝った佐世保工業より黒沢尻工業の方が多かったですね。

1発勝負のトーナメントにはチャンスをいかにものにするかが問われます。

しかし、特筆すべきはやはり香田投手。春夏合わせて3完封目は見事ですね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ