高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 鳥栖高校vs桜井高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 鳥栖高校vs桜井高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 鳥栖高校vs桜井高校

大会4日目の第2試合は、初の甲子園出場を果たした佐賀県代表の

鳥栖高校と、初出場では無いとは言え、まだ2回目の出場となる

富山県代表の桜井高校のフレッシュな対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

新鋭高校の対決

大会4日目の第2試合は、初の甲子園出場を果たした佐賀県代表の鳥栖高校と、初出場では無いとは言え、まだ2回目の出場となる富山県代表の桜井高校のフレッシュな対戦となった。

混沌、大混戦と言われた春の佐賀県大会を制した鳥栖高校は、春の九州大会でも選抜ベスト8の佐世保工業を撃破したことで、一気に佐賀県予選優勝候補となった。

その予選でも安定した戦いぶりで甲子園初出場をもぎ取った。

その原動力は防御率0点台のエース内山と、全ての試合で先取点をあげた得点力である。

対して富山県大会は2強と言われた高岡商業と向陵高校が早々と姿を消した事で、どの高校が予選大会を突破するのか全く見当がつかない戦国大会と化していた。

その中でノーマークであった桜井高校と滑川高校が決勝を戦い、9回裏土壇場で追い付いた桜井高校が延長10回のサヨナラ勝ちで甲子園の切符を手に入れた。

試合前の予想では、選抜帰りの佐世保工業に勝っている事から、やや鳥栖高校が有利と見られていた。

一進一退

1回の表、鳥栖高校はワンアウトから2番伊藤がエラーで出塁するも、桜井高校エース田中の牽制球によりツーアウト。

しかし3番堀江が気落ちする事無くライト前ヒットで出塁する。

続く4番高島がフォアボールを選び、再びチャンスを作ると5番久保がセンター前にヒットを放つ。

しかしランナー堀江が守備妨害でアウトとなり、先取点とは成らなかった。

その裏、桜井高校は2番松倉のデッドボールを足掛かりにツーアウトながらランナー2塁として、4番石倉が左中間を破るスリーベースヒットを放ち、1点を先制した。

しかし余韻に浸るのも一瞬、すぐ鳥栖高校は2回表、この回先頭の6番徳田隆がライトへツーベースヒットで出塁する。

続く7番徳田功が送りバントを決めてワンアウトランナー3塁とする。

この徳田兄弟の作ったチャンスに8番ピッチャー内山が冷静にスクイズバントを決めて早くも1-1のタイブレークに持ち込んだ。

3回の表裏終わって序盤は互いに譲らず、という形であった。

初陣鳥栖高校、攻める

4回表、鳥栖高校は5番久保がレフト前ヒットを放つと6番徳田隆が送りバントを決める。

続く7番徳田功がフォアボールで出塁したあと、8番内山がライト前ヒットを放ち満塁のチャンスを作ると、9番坂本がレフト線を破る走者逸走のタイムリーツーベースヒットを放つ。

このあと相手のミスもあり、一気に4点をあげて5-2とした。

富山県大会の決勝で見せた粘りを発揮したい桜井高校は、この回先頭の4番石倉がレフト前ヒット出塁する。

4番ながら足の早い石倉が盗塁を決めてノーアウトランナー2塁とすると、5番本多が送りバントを決めてランナー3塁。

続く山岸の打席の途中で内山-堀江バッテリーにパスボールが出てしまい、ランナーを悠々と生還させて桜井高校に2点目を献上してしまった。

初出場初勝利

得点したあとすぐ相手に得点されるのは、チームとしてはモチベーションの低下に繋がる事もあるのだが、鳥栖高校は御返しとばかりに直ぐさま5回表、3番の堀江がツーベースヒットで出塁する。

続く4番高島が送りバントを決めてワンアウトランナー3塁とすると、続く5番久保がきっちりセンターへ犠牲フライを放ち、5点目を追加した。

この5点目が非常にダメ押しとして効果的だったのか、試合はそのまま後半まで進む。

打てそうで打てない投手、と佐賀県大会で評判だったエース内山は、打たれたヒットは石倉に対して打たれたヒット2本だけで、四死球は5個と制球力を少し欠いたものの素晴らしい安定感を見せた。

最終回も三者凡退に打ち取った鳥栖高校が6-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

素晴らしい選手宣誓を見せた桜井高校、城寺選手。

甲子園での1勝は難しかったと語りました。

初出場の鳥栖高校は新しい歴史を作りましたね。

県予選では必ず先取点をあげた鳥栖高校、そこは桜井高校が意地を見せてくれました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ