高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

親も子も大学受験において気になる偏差値 まとめ

      2015/09/08

親も子も大学受験において気になる偏差値 まとめ

大学を受験するにあたり偏差値は気になりますよね。

ただ、偏差値は色々複雑なようです。

しっかりとした知識を身につけ、目標を定めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

受験時に出てくる偏差値とは

大ざっぱに言うと…
平均を50とした点数でテストの成績を見る方法です。偏差値が50より上(55、60、etc)なら平均より上の成績、逆に50より下(45、40、etc)なら平均より下の成績です。数字が高いほど良い成績、低いほど悪い成績です。なので、偏差値65は、偏差値60より良い成績です。

偏差値とその他の基準との違いは?
成績を見る方法としては、点数、順位、平均などがよく使われます。この3つは特にわかりやすいです。点数なら、70点より80点の方が良い点数。順位なら10番の人は20番の人より良い成績。平均点なら、平均点より上の人は良い成績、平均より低ければ悪い成績。
こんなにわかりやすい基準がちゃんとあるのに、どうして、偏差値のような難しい数字を使うのか? ズバリ、偏差値のポイントは異なる試験の成績でも比べることができるということです。
試験の成績というのは、普通は同じ試験の中でしか比べられないのです。別の試験になれば成績の価値は別ものです。同じA君が受けたテストでも、教科が違ったり受けた時期が違ったりすれば、比べられなくなります。たとえば、A君のテストで、国語が70点、理科が60点なら、国語の方が良い成績だと言えますか? それは言えませんね。なぜなら、国語と理科のテストでどちらが難しい内容だったかがわからないからです。国語は易しいテストだったので70点でもクラスでまん中くらい、理科は難しいテストだったので60点でもクラスで1番だったかもしれません。順位を見れば、国語と理科のテストでも比較できる? それは、同じクラスの中で全員が同じテストを受けた場合ですね。国語のテストは受けたけど理科は受けていないという人が1人でもいたり、他のクラスのこととなったりすると、順位では比較できなくなります。

偏差値を使えば…
しかしここで、偏差値を使えば、異なるテストの成績を同じものさしで見ることができるようになります。国語のテストで偏差値が60、理科で偏差値が55なら、国語の方が良い成績です。夏のテストの時の偏差値が55、秋のテストでの偏差値が50なら、成績は下がったということがわかります。「国語⇔理科」「夏⇔秋」と、それぞれ別のテストの成績を比べられるようになったということです。前回のテストと今回のテストとを比較できるというのは、とても便利ですね。これができないと、成績が良くなったのか悪くなったのか、はっきりしないということになってしまいます。

引用元-偏差値とは ~初心者向けのカンタン解説~ – Yahoo!知恵袋

大学入試難易度と偏差値の関係

偏差値ランキングは、そのランキング情報データを作成した大手予備校の模試受験者の偏差値データをもとにしています。
大学合格を果たした受験生の「過去の模擬試験」の偏差値推移を追跡し、大学合格に必要な平均偏差値を割り出しているそうです。
ここで言う「過去の模擬試験」とは、大手予備校が作成する全国共通の問題です。

実際の大学入試では、受験する大学ごとに入試問題が違います。

そのため、志望する大学の過去問題で合格点・高得点を出せるようになれば、ランキングに掲載されている偏差値に届かなくとも、志望大学の合格は十分可能だと言えます。

偏差値ランキングを見て、志望大学の偏差値の高さに挫折しそうになったら、まずは志望する大学の過去問題を解きまくってみましょう。
ランキングにあるような偏差値ほど難易度が高くない問題を出している大学が結構あるのです。(^^)

また、模試受験者の母集団という点でも、全国模試の偏差値ランクは鵜呑みにできません。
なぜなら、全国模試の場合、受験者の志望大学はさまざまだからです。
超難関大学の志望者と、普通レベルの大学志望者が実際の受験において競うことはまず無いでしょう。
その意味で、全国模試の大学入試偏差値は、実際の受験難易度を表しているものとは言えないかもしれません。

ただ、大学の入試難易度を表す全国統一の基準がない以上、その目安として偏差値が参考になることは確かです。
要は、偏差値ランキングは参考程度に見ておくもの、ということです。

引用元-偏差値ランキング | 大学受験プラス

鵜呑みにしてはいけない?偏差値操作とは

偏差値操作(へんさちそうさ)は、大学などの教育機関が入学試験において、大手予備校が学力偏差値を算出する際に対象外としている推薦入試などの入試形式の難易度を大幅に下げて、大量の入学者を確保すると共に、入試難易度が偏差値として表れる一般入試での募集人数を少なくし、更に回数を増やしたり複数回の受験による受験料の割引などにより一般入試の競争率を高めることにより外見上の大学のレベルを上げさせる方法。2013年に大阪産業大学が附属高校生に大量受験させている問題がKTVニュースで偏差値操作と報道された[1][2][3]。

引用元-偏差値操作 – Wikipedia

大学受験で国公立と私立では勉強する科目数が違う

国公立大学受験では、5教科7科目の学習が基本的に求められます。

つまり簡単に言ってしまうと、7科目の平均偏差値で国公立受験は考えないといけません。

それに対して私立大学受験では、3~4科目の学習、場合によっては1科目でいい時もあります。

つまり、3科目の平均偏差値で私立受験は考えることになります。

この条件では、圧倒的に国公立受験の偏差値を上げるのは難しくなります。

具体的な例を出しますと、大阪市立大学に合格したいと思った場合、理系文型問わずセンター試験の数学で80点以上の得点を求められます。

当然他の科目が相当抜きんでているのであれば別ですが、有名国公立大の合格者の多くは少なくともこれくらいを取っています。

同様に、生物(に限らず理科)でも8割くらいの得点が無いと、市大受験は遠のいてしまいます。

この得点、理系の生徒でも簡単には取れません。

つまり、国公立大学を受けるのであれば、文系の生徒でも数学をかなり勉強することになります。

また、国公立大学の場合、センター試験も二次試験も一回きり。

それに対し、私立大学の受験方式は多数、日程もたくさんあります。

形式を変えれば、同じ大学を5回受験することだって可能です。

更に、私立大学については、入学定員の数倍の数の受験者を合格にします。

これは歩留まり率というものが関係しています。(詳しくは割愛させていただきますが)

大半の私立大学の受験生は、複数の大学を併願します。

よって合格者のうち、一部は入学せずに他の大学に行ってしまうことになります。

私立大学はこれを見越して、予め多くの人数を合格にするのです。

いかがでしょう?

国公立大学と私立大学の偏差値を比べるのがいかに無意味かわかってもらえたでしょうか?

引用元-国公立と私立の偏差値は違う

大学志望校選びで失敗しない秘訣とは

受験生の頃は模擬試験の結果に一喜一憂し、少しでも偏差値を上げて、もっとレベルの高い大学に行こうと四苦八苦します。ですが、偏差値だけが大学の価値ではないということも忘れないでください。
確かに、予備校や塾は、まるで偏差値で人生が決まるかのように煽り立てます。
しかし、ハッキリ言いますが…あれは教育ビジネスを生業とする人たちが、自分たちの存在価値を実際より大きく見せようとして演じている一種のトリック…言い換えれば“中身のないマーケティング戦術”に過ぎません。実際、大学に入ってから“学科の偏差値がいくつだ”なんていう話題が出ることはまったくありません。大学生活では1〜2年で教養を身につけ、自分磨きをしたり生涯の友人を見つけたりします。そして、3年以降は就職活動が生活の中心になり、社会人へと羽ばたいていくのです。
ですから、そうした活動を全面的に支援してくれる大学こそが、本当に進学する価値がある大学だと言えると思います。

引用元-ユニナビ~文系大学受験・入試ガイド~偏差値では測れない穴場校データ満載

twitterの反応

 - 教育, 生活ハウツー

ページ
上部へ