高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

日本の大学 文学部の魅力と海外における文学部

      2015/09/09

日本の大学 文学部の魅力と海外における文学部

大学を受験するにあたり、学部選びは必須となります。

文学部は人気もありますが、就職するにあたりどうなのか?

また、海外の動きも探ってみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

大学の文学部について

文学部の学部名に冠せられた文学とは、「文学作品」という意味での文学 (Literature) のことでは無く「文系」「理系」という意味での「文」である。文字 (Letters) によって顕著に現れる人間精神 (Humanity) ・文化 (Culture) の探求、すなわち人文学である。ただし、設置している学校により、文学Literatureの研究のみをおこなっていることもある[1]。
また、「文」という字には「研究する」「文ずる(もんずる)」という意味がある。「天文学」が天体を研究する学問を指すように、「人文学」は人間を研究する学問を指す。それ故、社会科学を含む人間精神の所産 (arts) を研究する学問全体を指す人文科学を修する学部としての(広義の)人文学部という用法と、次に述べるより狭い意味で定義される文学部・人文学部とがある。
狭い意味で述べる文学部はおおよそ哲学・史学・文学という人文学の三つの部門を持つ。人文系学部にはこの全分野を講座としてカバーしている大学の方がむしろ少ないが、伝統のある大きい大学ではきちんとそろえられている場合もある(とはいえ、それらの大学においても一学科制への移行やより説明的な学科名への改称・改組によって哲・史・文の領域が、学科として、明示的には示されなくなってきている)。
さて哲学という学問は、近代以前の歴史においては自然科学や社会科学も含んで発展してきた。ゆえに、学問上におけるこれら諸領域の分化と相互交流が文学部という大学制度にも影響してくる。ナポレオン時代のパリ大学が神学・法学・医学・理学・文学の5学部制をとっていたように、歴史的には文学部に相当する学部の中で自然科学及び社会科学が扱われてきた事例も数多い。逆に哲学から自然科学及び社会科学の諸領域が分化していった結果が哲学を冠する学科や専攻等を文学部内に制度上存在せしめているという面もある。こういった歴史的経緯から、しばしば社会科学に区分される諸領域である教育学や心理学や社会学等が文学部内に存在する事例が数多い。同様にして、地理学や人類学、考古学など、大学によっては理学部で取り扱っているところもある分野も含まれている場合もある。

引用元-文学部 – Wikipedia

大学の文学部の魅力とは

そういえば、私の友人たちの多くは、1年生のころ
「将来何になるか決めていない」と言っていました。
みんな結局、教員、司書、公務員、一般企業(IT・出版・服飾)
テレビ局などに就職していきましたけどね。
もちろん、大学院に進んで研究員になった人や
海外で研究をしている人がいるかと思えば、
飲食店の店長やウェブデザイナーもいます。

いろいろな進路につながるという意味では
魅力だと言えるかもしれませんね。
しかし、いまの就職難の世の中では、
資格がとれるとか、技術を身につけるといった
理系学部のほうがいいという人が多いでしょうけれど。

私の印象では、おもしろくて、型破りで、こだわりのある人が
たくさんいるのが文学部の魅力です。
たぶんみんな好きなことにこだわりたくて集まったのだと思います。

世の中には白か黒かで説明のつかないことが
たくさんありますが、文学部ではそんなグレーゾーンに
ついてよく話題にして語り合いました。
上記したようにいろいろな考えを持ったメンバーですから
語り合うことで新しい考え方に出逢えるのも魅力の一つかなと思います。
話す力、聴く力、思考力はかなり鍛えられますね。

引用元-文学部の魅力ってなんですか?大学で文学部で学んだ方はどういった感じでしたか… – Yahoo!知恵袋

人気の文学部2018年に閉鎖?

そもそも、文部科学省がこのような通達を出した背景には、国公立大学の運営にかかる税金を、今後、成長性が見込める分野・学部に集中させて、より優秀な人材を生み出したいという狙いがあるからと言われています。

こう解説すると「自分は私立大を受けるから問題ない」と考える人も多そうですが、実は私立大志願者もうかうかしていられない、ある危機が迫っているのです。

それが、教育関係者の間で恐れられている『2018年問題』。
これは少子化に伴う、学生の減少傾向のことを指す言葉で、18歳(受験生)の人口は2009年から2017年頃までは、ほぼ横ばい状態が続くが、2018年以降は減少に転じ、多くの私立・国公立大学大学が2018年をさかいに、定員割れや廃校に追い込まれると予測されているのです。

こうした事態が訪れた場合には、例え私立大であったとしても、数の多い文学部や社会学部から廃止されていく可能性大! 例え、入学できたとしても、在学中に経営破たんしてしまう危険性だってゼロとはいえない、危機的状況なのです。

引用元-人気なのにどんどん廃止されていく……!? 文学部の謎|マイナビ進学U17

文学部の就職難は本当なのか

文学部出身の者です。

「文学部の就職難」との事ですが、就職率が他の学部に比べて悪いのはどこも 殆ど同じです。

偏差値の高い大学でも、就職に苦労する人は苦労します。

早稲田と日大で どちらを採るか?という質問をされてますが、企業にもよります。大企業でよっぽど学閥にウルサイ採用担当者であった場合は、早稲田でしょうね、間違いなく。ただ、人間性(具体的には?というのが問題なんですよね。「同じくらいの人間」なんて、いませんよ、普通)というのは、結構クセモノで、やる気や経歴、態度などを総合して、日大の方が魅力的だ、と採用担当が判断した場合は、そっちを採るでしょうね。

こういう所が良かった・・・
文学部は、ハッキリ言ってムダな研究が多いです。ムダというか、「周りから見てムダ」という意味です。本人にとっては意味のあるものですがね。そういう意味で、遠回りをしたらした分だけ、「出会う筈のなかった何か」に出会い影響を受けるワケですから、これは私は宝モノだと思いますよ。

あと、自分の好きな講義を受けてられるのは、どこの学部にも増して魅力的ですよ。

引用元-文学部の就職難はどこの大学でも一緒ですか? – 教師や小説家にならない限り、文… – Yahoo!知恵袋

米大学で人文学部の人気低下 就職の難しさが原因か

これはハーバードだけに限らず全米のリベラルアーツ系の大学・学部に言えることだ。世界的な経済競争の激化や、自然科学系学部卒業生が圧倒的に有利な就職市場、授業料の上昇、学生ローン債務残高が極めて高水準にある現状などが背景になっている。

米ジョージタウン公共政策研究所が今月公表した2010年と11年のデータを使用したリポートによると、最近の英文学の卒業生の失業率は9.8%で、哲学・宗教学は9.5%、歴史学も9.5%となっている。

それに比べて、最近化学を専攻した卒業生の失業率はわずか5.8%、初等教育学は5%だ。

学生もそれに気づいている。人文学を専攻している学生の割合は、1966年は全米で14%だったのに対して、10年はわずか7%となっている。ハーバード大学で人文学を専攻する学生の割合も、54年の36%から12年は20%にまで落ち込んでいる。ハーバード大学の人文学専攻の学生数の減少は過去10年で特に顕著で、人文学に関心を示した入学見込み者数は3分の1減っている。

特定の学問分野の学生の就職見込みが低いことを受け、共和党の知事4人が、職場で即戦力になる学生を育てていないとみなす公立大学学部の予算削減を要求している。

引用元-米大学で人文学部の人気低下 就職の難しさ受け – WSJ

 - 教育, 生活ハウツー

ページ
上部へ