高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

頻度に気をつけなければいけない 筋トレと有酸素運動

      2015/07/24

頻度に気をつけなければいけない 筋トレと有酸素運動

筋トレと比べると有酸素運動は運動強度が低く、筋肉が被るダメージというのは少なくなります。

しかしどちらも頻度に気をつけなければオーバーワークとなりうる危険性もあり得るので適度な運動から始めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

筋トレの頻度 適度な休養超回復が必要

超回復とは、筋トレにより筋肉が疲労と回復を繰り返し、回復した直後に僅かではあるが前回のトレーニングよりも筋肉レベルが上がっている状態のことを言う。
このタイミングでトレーニングを再開すればミクロレベルで以前よりも大きなパフォーマンスを発揮できるという考え方である。
この超回復までの期間は、48時間~72時間(一般論)。
トレーニングを再開するのは前回の筋トレから48時間~72時間後に行なうのが理論上ベストなのだ。
つまり、同じ筋肉(部位)のトレーニングや1回のトレーニングで全身をくまなく鍛えるのであれば2~3日置きに、週2~3回のペースで実施するのがよい。
ただし、個人差もあり超回復期を正確に狙うことは難しい。いや、不可能であろう。
そのため、基本は2~3日置きのトレーニングペースで実施するが、その時々の体力、体調、筋肉痛の状況によっては、もう一日休むなど臨機応変に対処しなければならい。
体力が付き、回復が早くなったら間隔をせばめる必要も出てくる。この時期になるとトレーニングの回数もこなしているため自分で調整することも可能になっているだろう。
基本は無理をしないこと。
筋肉が疲労しているならたとえ72時間が過ぎようとも余裕を持つことが必要だ。
実際、筋トレを始めたばかりの頃や極端に重量を上げるようなハードトレーニングをした時は72時間でも回復しないこともあるだろう。慣れないトレーニングをハードに行なった場合は、10日以上回復しないこともある。
つまり、筋肉が疲労しているということは、まだ超回復が起こっていない証拠。次のレベルに進めないサインなのだ。
疲労の状況によっては、超回復期を時間で一律に判断したり、ペースを守ることに固執せず、そこに肉体との会話を取り入れ、臨機応変に判断することが大切なのだ。

引用元-−-筋トレの頻度と時間帯 – 週何回? | 筋トレ基礎知識 | 筋トレ方法の筋トレTV

有酸素運動の頻度は筋トレより多めに

筋トレと比べると有酸素運動は運動強度が低く、
筋肉が被るダメージというのは少なくなります。

筋トレは週2〜3日の頻度をオススメしていますが、
有酸素運動はこれよりも頻度を多くしてOKです。

強度が低い分運動効果を最大限に引き出すためには、
週3日〜5日の有酸素運動を行うのが理想です。

引用元-−-20代男性サラリーマンでも実践出来るダイエット方法

特に代表的で手軽に始められるのがランニングですが、
ランニングの場合は最低でも1日間隔を空けましょう。

ランニングをしている時の着地時には、
足にかかる負担は自分の体重の3倍にも及びます。

ですので、効果を得るために毎日走っていたら、
逆にケガをしてしまったということになりかねません。

ですので、最低でも1日間隔という頻度は必ず守りましょう。

引用元-−-20代男性サラリーマンでも実践出来るダイエット方法

筋トレと有酸素運動はセットに

筋トレと有酸素運動は、一体の関係にあります。
どちらか一方だけだと、ダイエットで思うように脂肪燃焼していくことができなくなります。

厳密にいうと、筋トレと有酸素運動は並列の関係ではなく、優先順位があります。それは「まず筋トレありき」ということ。その次に有酸素運動が来るという順序になります。

この順序は、効率的にダイエットで痩せるための鉄則です。ダイエットの運動のコツは、いきなり有酸素運動から始めるのではなく、しばらくは筋トレだけを実践するということ。ある程度、筋肉がついてきたら有酸素運動も取り入れていきましょう。

とはいっても実際には、どの程度の筋肉が付いたらOKなのか判断がむずかしいかもしれません。
ですから結局は、「両方を同時に始める」のもアリだと思います。今まで運動してこなかった人は、ある程度の筋肉が付くまでは有酸素運動をしても、あまり脂肪が燃えない可能性はありますが・・・。効率性を重視するなら、たとえば最初の1ヶ月くらいは筋トレだけをして、そのあとから両方を行うスケジュールでよいと思います。

筋トレのほうを優先するということは、その日のメニューを組むさいにも言えます。
「筋トレ→有酸素運動」という順序でメニューを組めば、有酸素運動で、すぐに脂肪を燃焼できるからです。

引用元-−-筋トレと有酸素運動はセットに | ダイエットで痩せる方法とコツ

有酸素運動と筋トレは別モノ

混乱させてしまうかもしれませんが・・・、筋トレと有酸素運動を別々の日にした方がいいのは、どちらも“かなり高い運動強度の場合”です。そうでない場合は、有酸素運動と筋トレを混ぜて行っても十分に効果的です。

ある調査では、筋トレの最中に20分間バイクを漕いだ人は、筋トレの前または後にバイクを漕いだ人に比べて 、エクササイズ後の代謝への影響が大きかったという結果があります。

「これは、エクササイズの後でも代謝によるカロリー燃焼が続いているということです」と述べるのは前出のモンテネグロ氏。次のジムの日に有酸素運動と筋トレで迷ったら、両方やればいいのです。筋トレのセットの間の休憩時にトレッドミルで走るのが理想ですね。

引用元-−-有酸素運動をしてるのに痩せない人が犯している8つの間違い | Fitness Junkie フィットネスジャンキー

twitterの反応

 - スポーツ, 健康・美容

ページ
上部へ