高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 北陸高校vs中京高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 北陸高校vs中京高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 北陸高校vs中京高校

大会4日目の第4試合は、愛知県代表の中京高校と福井県代表の

北陸高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

池田が警戒する中京

大会4日目の第4試合は、愛知県代表の中京高校と福井県代表の北陸高校の対戦となった。

この年の福井県のレベルは特に高くも無く、全チームがBクラスと言われるほど横一線であった。

その中で候補を探せば選抜出場の福井商業、そして春季大会を制した足羽高校の2校であったが、福井商業が早々と敗退して足羽高校にチャンスが巡ってきた。

しかし、その足羽高校に完勝したのが北陸高校であった。

北陸高校の原動力は2年生エースの竹内投手と控えの1年生ピッチャー木倉投手という下級生コンビであった。

対する中京高校は高校野球ファンにはお馴染みの名門校であるが、この年の愛知県は激戦区であり、中京高校は予選前は4番手評価であった。

と言うのも愛知県には選抜ベスト8の藤王率いる強打の享栄高校が存在するからである。

そして春季大会で享栄を倒した愛工大名電、3番手には東邦高校、という前評判であった。

中京高校は昨夏ベスト4に貢献したエース野中が一回り成長していたが、昨夏のように得点力の面で野中を泣かせてきた。

しかし、享栄ばかりに注目された間、中京は打力をアップし鈴木、野中、紀藤という大型クリーンアップの形成に成功し、東邦、享栄を撃破して甲子園出場を決めた頃には池田に対抗できるのではないかとまで言われていた。

享栄より上

あの享栄を3安打に封じた野中、の評判通り、重そうな快速球を初回から投げ込まれると、北陸打線から快音は聞かれなかった。

立ち上がりは無得点に抑えた北陸エース竹内だったが2回裏、ツーアウトランナー1塁から8番高橋、9番豊永に連続でレフトへツーベースヒットが飛び出して中京が2点を先制した。

下位打線からの連続長打に野中の打ちにくそうな重い速球。

早くも中京の強さが際立ち、選抜ベスト8の享栄よりも強いのが納得できると囁かれていた。

一方的な中京ペース

4回表、野中から大量得点は望めないと悟った北陸高校は、この回先頭の3番酒井がフォアボールで出塁した。

機動力で攻め始めたが、敢えなく盗塁を封じられてしまう。

このあと4番である野村も手が出ずに三振を喫すると、なかなか反撃の糸口が掴めないのは明らかであった。

その裏、中京はワンアウトランナー1塁2塁のチャンスで9番豊永がライトへ2点タイムリーツーベースを放つ。

そして1番今井もライトへタイムリーヒットを放ち、この回3点をあげた。

5回にも中京は5番紀藤、6番長島、7番佐々木の連続ヒットで1点を追加する。

早くも6-0、1枚も2枚も格が違うというところだった。

北陸の意地

6回の裏、マウンドには竹内に代わり1年生の木倉が立っていた。

その木倉を中京はワンアウト満塁と攻め立て、この絶好のチャンスで打席には4番野中。

野中は期待に応え右中間に走者一層のタイムリーツーベースを放つ。

そして6番長島にもツーベースが飛び出し、一気にこの回4点を追加する。

まさに手の付けられない中京打線であった。

10-0と大量リードしながらも、7回裏、フォアボールで出塁したランナーを8番高橋がきっちり送りバントで進塁させる。

犠打4つは全て成功、この辺りの小技が中京高校の怖さの1つでもある。

そして続く9番豊永がこの日4本目となるヒットを放ち、11-0とした。

8回終わった時点で2安打と、完全に抑えられて迎えた最終回に北陸高校も意地をみせる。

この回先頭の2番古池がレフトへ流し打ちのヒットで Aすると、3番酒井がセンター前ヒットで続く。

4番野村の当たりも内野安打となり、ノーアウト満塁と野中を攻め立てた。

しかし、野中は5番安田を力で三振に取る。

北陸はワンアウトとなり、ダブルプレーもあるこの状況で6番寺西が意地のライト前ヒットを放ち、完封は阻止した。

この1点は初出場の北陸高校にとって甲子園大会初得点になるのだから、新しい歴史を作ったことになる。

しかし反撃もここまで。野中はこのあとを冷静に抑えて中京高校が11-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

野中投手と力のある打線、そして伝統的な上手い小技。

地力が違うと誰もが思った事でしょう。

北陸高校のエース竹内投手、血豆が潰れるアクシデント、残念です。

しかし、代わった控えの木倉投手のピンチにマウンドへ行き、肩を叩いた姿に感動を頂きました!

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ