高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 東山高校vs創価高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 東山高校vs創価高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 東山高校vs創価高校

大会5日目の第1試合は京都代表の東山高校と西東京代表の

創価高校との対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

江夏二世のいる創価

大会5日目の第1試合は京都代表の東山高校と西東京代表の創価高校との対戦となった。

京都大会ではまず選抜出場の立命館高校の名前が上がったが、春季大会でその立命館高校を準々決勝で破り、その勢いのまま優勝した平安高校が一気に優勝候補に浮上した。

そしてその春季大会で準優勝した東山高校が加わる三つ巴というのが京都大会展望の中心と見られていた。

しかし、大会が始まると平安高校と立命館高校が早々と敗退する波乱。

その番狂わせを尻目に東山高校は勝ち上がり、見事に甲子園の切符を手中におさめた。

西東京大会は春の都大会で準優勝した創価高校、選抜出場の桜美林高校、練習試合で池田高校に勝った明大中野高校の3強決戦と見られていた。

しかし、江夏二世の呼び声高い創価高校エース小野は、140キロを越える大型左腕で対戦する相手高校を次々と手玉に取った。

打線も破壊力あるクリーンアップを中心に都大会でも早稲田実業をコールドで叩いている。

西東京大会の準決勝では明大中野高校に3-1と完勝し、決勝では帝京大学高校を12-0という大差で退けて優勝したことで、初出場ながら甲子園でも相当戦えると言われていた。

真逆のような両エース

1回の表、江夏二世こと小野はその名に恥じぬ素晴らしいストレートを見せる。

しかし、1番黒沢にライト前ヒットを打たれ、ノーアウトのランナーを背負った。

だが、冷静に黒沢を牽制で刺し、そのあとは3番西田を快速球で三振に斬った。

その裏、東山高校エース菊井も1番神田にヒットを許し、ランナーを背負う立ち上がりであったが、小野ほどの快速球では無いものの飄々とそのあとを無得点に抑えた。

2回の表、小野は東山打線からこの回もまた三振を奪う素晴らしいストレートを見せた。

その裏、菊井はフォアボールでランナーを出すものの何とか無得点に抑えた。

対照的な両校

3回表、この回先頭の8番山下を三振に斬り、ツーアウトとした小野であったが、1番黒沢に内野安打を許すと2番鳴海の打球をサードがエラーしてしまい、ランナー1塁3塁のピンチを迎えてしまう。

ここで3番西田にレフト前にタイムリーヒットを打たれ、東山高校が先制する形となった。

その裏、菊井は先頭の9番小田にフォアボールを与えてしまう。

続く1番神田の送りバントをフィールダースチョイスし、ノーアウトランナー1塁2塁のピンチを招いてしまう。

しかし、リードの大きいセカンドランナーを冷静に牽制で挟殺して、ワンアウトを取った。

続く2番加島にライト前ヒットを打たれ、再び2人のランナーを背負ったが、3番小野を三振に仕留める。

しかし、4番大塚にフォアボールを与えて満塁のピンチ。

ここで低目に投じた5番安斉の当たりはセカンドゴロとなり、結局4人のランナーを出したが無得点に抑えた。

創価高校としては何とも惜しい同点のチャンスを逃した。

東山の野球

5回の表、東山高校は珍しく小野投手がコントロールに苦しんだ所を見極め、フォアボールを2つ選びワンアウト満塁のチャンスを作る。

ここで3番西田がレフト前にタイムリーヒットを放ち、東山高校に待望の2点目が追加された。

そのあと続く満塁のピンチは小野が快速球で後続を断った。

その裏、創価高校も菊井投手がフォアボールを連発したのを機に満塁のチャンスを迎えたが、6番沢田がショートフライに倒れてまたしても満塁で無得点に終わった。

7回裏、何とか反撃の糸口を掴みたい創価高校は、3番小野、4番大塚に連続ヒットが生まれるが、5番安斉のライトライナーで飛び出したセカンドランナー大塚が刺されてダブルプレーになり、またしても無得点に終わった。

そのあとを両エースがきっちり抑えたまま試合は終了し、2-0で東山高校が 勝利した。

創価高校は東山エース菊井投手が8個のフォアボールを出す乱調を点に結べなかった。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

まさに攻めあぐむ、という創価高校の攻撃でした。なんと13残塁。

フォアボールを8個出すほど菊井投手は不安でしたが、見事に要所を絞めましたね。

小野投手のストレートは素晴らしいものがありました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ