高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】1回戦 日大山形高校vs川之江高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】1回戦 日大山形高校vs川之江高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会1回戦 日大山形高校vs川之江高校

大会5日目の第2試合は、山形県代表の日大山形高校と愛媛県代表の

川之江高校の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

強打自慢の両校

大会5日目の第2試合は、山形県代表の日大山形高校と愛媛県代表の川之江高校の対戦となった。

この年代の山形県予選は打高投低が顕著であり、特に東海大山形高校、米沢中央高校、酒田高校、日大山形高校、と、打撃力がチームカラーの高校を中心に混線模様となっていた。

予選が始まるとやはり打撃戦が多く、完封シャットアウトの試合が少ない大会となった。

その中で、日大山形は集中打を毎試合見せて打ち勝ってきた。

準々決勝の山形南高校戦は延長までもつれたものの、11回に一気4得点をあげた。

東海大山形高校との決勝戦では6回終わった時点で0-2と完封されていたものの、終盤に爆発して9-2で最大のライバルを退けていた。

一方の愛媛県予選も打高投低そのものであり、春季大会はコールドラッシュであったことから、いかに投手力をパワーアップさせるか、がテーマになっていた。

その中で1番手と言われたのは選抜にも出場した今治西高校であった。

しかしその今治西が早々と姿を消す波乱。

そこで台頭したのは名門・松山商業だったが、川之江高校が準決勝で松山商業を撃破すると決勝でも川之石高校に打ち勝って甲子園の切符を手中に納めた。

まさに打ち勝ってきた両校の対戦となった。

思いがけぬ序盤

1回の表、日大山形は1番斎藤がいきなりヒットで出塁すると、2番大滝が送りバントを成功させてワンアウトランナー2塁といきなりチャンス。

続く3番広野が期待に応えてレフト前ヒットを放ち、セカンドランナー斎藤がホームを狙うが川之江の素晴らしい中継プレーによりタッチアウトとなる。

このあと4番須貝にもヒットが出たが、川之江エース定金が5番尾形をサードフライに撃ち取り、無得点に抑えた。

その裏、川之江はワンアウトから2番大塚がフォアボールで出塁するが、3番井原がセカンドゴロのダブルプレーに倒れて無得点。日大山形エース今野も立ち上がりを無得点に抑えた。

互いに打力自慢のチームながら、3回の表裏終わって0-0。

しかし、一度火がつくと集中打を発揮する両校なだけに、緊張感のある序盤であった。

守備陣の踏ん張り

5回の裏、川之江高校は5番高橋がセンター前ヒットで出塁すると6番星川が倒れてワンアウト後、7番仁木がフォアボールで出塁する。

8番定金がライトフライに倒れてツーアウトランナー1塁2塁となった後、9番吉岡にライト前タイムリーヒットが飛び出し、ついに均衡が破れた。

続く1番田川もセンター前ヒットを放ち、セカンドランナー仁木が2点目のホームを狙うが今度は日大山形が素晴らしい中継プレーを見せてタッチアウトに仕止めた。

この中継プレーで意気揚々、反撃ムード漂う日大山形は6回表、1番斎藤がレフト前ヒットで出塁する。

続く2番大滝も内野安打で出塁し、ノーアウトランナー1塁2塁のチャンス。

しかし、川之江は3番広野のバントを鍛えられた守備でダブルプレーにし、このピンチを凌いだ。

地力に勝る川之江

7回の裏、川之江はワンアウト満塁とビッグイニングのチャンス。

続く9番吉岡の打球はセカンドゴロであったが、二塁手斎藤のバックホームは間に合わずに川之江に2点目が追加された。

何とも悔しいフィールダースチョイスをした斎藤選手であったが、その後1番田川、2番大塚のセカンドゴロを捌いた守備力は素晴らしかった。

8回表、日大山形はワンアウトから代打松田がライト前ヒットで出塁するが、続く1番斎藤の強烈なファーストゴロを川之江内野陣がダブルプレーに仕止め、またしても無得点に終わった。

その裏、川之江はこの回先頭の3番井原がセンター前ヒットで出塁すると、4番高橋が躊躇なく送りバントを決める。

このあと5番寺田がレフト前ヒットを放ち、ワンアウトランナー1塁3塁とチャンスを広げる。

すると続く6番星川がライトへ犠牲フライを放ち、ダメ押しの3点目が追加された。

川之江エース定金はバックに助けられながらも日大山形を7安打完封。

そして破れた日大山形も素晴らしい守備力を見せた。試合は3-0で川之江が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

打撃力で甲子園の切符を手にした両チームでしたので、点の取り合いになるかと思って見ていましたが、互いに素晴らしい守備陣で無駄な失点はありませんでしたね。

やはり点を取らないと勝てないスポーツですが、改めて守備力がどれだけチームを支えているかがわかる試合でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ