高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 比叡山高校vs仙台商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 比叡山高校vs仙台商業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 比叡山高校vs仙台商業

大会5日目の第3試合は、滋賀県代表の比叡山高校と宮城県代表の

仙台商業の対戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

投手力のある両校

大会5日目の第3試合は、滋賀県代表の比叡山高校と宮城県代表の仙台商業の対戦となった。

この年代の滋賀県大会はまず選抜出場の長浜北高校が優勝候補筆頭であった。

しかし選抜大会で長浜北の野球が通用していない事で、どのチームにもチャンスがあるという勢力図であった。

長浜北が優勝候補であるのは動かないが、それを追う草津高校、近江高校、比叡山高校、とは差が無いという予想であった。

しかし予選大会が始まると、長浜北高校と比叡山高校が圧倒的な打撃力で勝ち上がり、文句のつけようもない決勝のカードとなった。

そして比叡山高校エース福本は決勝で素晴らしいピッチングを見せ、長浜北高校をシャットアウト。

準決勝から2試合連続の完封を見せて堂々の甲子園出場となった。

一方の宮城県大会は、まず神宮チャンピオンであり、選抜で1勝した東北高校が君臨していた。

春季大会でも仙台三高校、仙台商業という2番手チームを退けて優勝していた事から、東北高校の春夏連続出場で固いのではないかと言われた。

しかし、その間、仙台商業のエース荻原は140キロを越えるストレートに磨きをかけていた。

そして大会序盤で東北高校が敗れる波乱を尻目に圧勝で勝ち上がり、決勝の仙台三高校を7-0と大差で撃破。

荻原も素晴らしいストレートを武器に2試合連続の完封で甲子園出場を決めていた。

仙台商業の先制

このように互いに投手力が核となる対戦は非常に先取点が鍵を握る。

1回の表、比叡山高校はツーアウトから3番寺倉がレフト前ヒットで出塁するが、4番順風は荻原の速球とカーブに翻弄されて三振に終わる。

その裏、仙台商業はワンアウトから2番小野寺がフォアボールで出塁。

立ち上がり、緊張感の抜けない福本投手から3番堀篭がライト前ヒットを放ちチャンスを広げると、4番大坂が期待に応えてセンターにタイムリーヒットを放って仙台商業がまず1点を先制した。

福本は動揺したのか5番斎藤にフォアボールを与えてしまい、満塁のピンチを迎える。

ここで6番ピッチャー荻原がセンター前ヒットを放ち、2点目が入った。

この時にセカンドランナー大坂がホームを狙うがそれは比叡山の素晴らしい中継プレーにより阻まれた。

仙台商業は初回の攻撃で2点をあげた。

エースの持ち味

2回の表、自らタイムリーを放った荻原は快速球で6番山田、7番小松を連続三振に斬るピッチングを見せる。

ペースは完全に仙台商業といった所であった。

その裏、未だやや緊張感の抜けない福本投手はワンアウトから連続でフォアボールを与えランナーを2人背負ってしまうものの、2番小野寺をセカンドゴロのダブルプレーに仕止めると徐々に落ち着きを取り戻し始めた。

荻原は快速球、福本は上手く打たせるコントロール、というように両エースが持ち味を発揮して2回から投手戦が繰り広げられた。

両校ともにノーアウトからランナーを出塁させる事が出来ずに回は重ねられた。

両高校の執念

互いにチャンスらしいチャンスを作れないまま回は進み、このまま試合が終わる雰囲気で終盤を迎える。

しかし沈黙していた比叡山高校は8回の表、ツーアウトランナー1塁から2番吉川がついに荻原を捉え、右中間へタイムリーツーベースヒットを放ち1点を返す。

その裏、仙台商業のツーアウトながらランナー1塁2塁のチャンスを福本投手が抑えた事で、比叡山高校に流れが傾いた。

最終回、比叡山高校は先頭の4番順風が内野安打で出塁する。

続く5番ピッチャー福本がレフト線にツーベースヒットを放ち、ノーアウトランナー2塁3塁の大チャンスを作った。

球場の雰囲気は一変しかけたが、それをさらに上回ったのが東北の星、荻原。荻原は6番山田、7番小松を快速球で連続三振に取り、たちまちツーアウトにする。

そして8番西島をショートゴロに打ち取って試合終了、比叡山高校の粘りを降りきり2-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

投げ合いも素晴らしかったですが、初回の仙台商業の2点目はエース荻原投手自らのタイムリーヒットであり、最終回の比叡山高校の大チャンスを作ったのはエース福本投手のツーベースヒットでした。

ともに両エースが見所を作ってくれましたね!

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ